昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

​「娘を持った親心として、どんなに成長しても心配なのは変わらない」 吉田鋼太郎が考える令和の“ いい男 ”に欠かせないもの

「おいハンサム!!」主演・吉田鋼太郎さんインタビュー

 伊藤理佐さんの漫画作品を原作としたドラマ「おいハンサム!!」で、主人公の伊藤源太郎を演じているのは、さまざまな舞台・映画・ドラマで観客を魅了し続ける俳優・吉田鋼太郎さん。東京の下町の一軒家に妻と暮らす源太郎には三人の娘がいるが、彼女たちは各々に事情を抱えているようで――。令和の時代の家族ドラマを、吉田さんはどのように演じるのか。

台本を正しく読みとることが大事

吉田 伊藤理佐さんの作品は、吉田戦車さんとご結婚されたのをきっかけに読むようになったんです。もともと吉田戦車さんがすごく好きだったんで。

 伊藤さんのことはもちろん知ってはいたんですけど、女性向けだったので読む機会がなかったんですよね。読んでから、「もっと早くに読んでおけばよかった」と思いました(笑)。すごくおもしろい。

©東海テレビ/日本映画放送

 今回、令和の時代に、いわゆる「昭和の頑固親父」を演じることになったわけですけれども、やはり昭和の頑固親父というと寺内貫太郎のイメージがあります。

 実際の昭和の親父というのはほんとうに酷くて、リアルなものはオンエアできないと思いますし、今の時代にはあわないので、もっとマイルドな、現代と融合した世界観になると思います。

 僕は向田邦子さんの作品がドラマもエッセイも小説も大好きで、『父の詫び状』も何度も読みました。いつかは『あ・うん』をやってみたいと思っているんですよ。向田さんの作品は、和やかな中に厳しさのある、絶妙な脚本ですよね。ああいうヒューマンドラマみたいな感じも出せるといいと思います。

 演じるときには、台本を正しく読みとることが大事だと思っていますので、今回の作品も、どこまでコミカルにできるか、リアルさを残しつつ演じていくのは手探り状態ではありますね。ドタバタ劇というよりは、じんわり面白い、そういう作品になると思います。