昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《妻DV暴行事件のその後》ボビー・オロゴンが4LLDDKKのプール付き豪邸を格安売却のワケ「現在は泥沼離婚裁判中」

genre : エンタメ, 芸能

「以前はテレビ番組のロケ隊が来て撮影したり、お子さんたちが庭にあるプールや家の前で遊んだりしていましたが、奥さんやお子さんは昨年春にいなくなり、今は静かで誰も住んでいませんよ。最近は不動産会社の人が内見案内をしているようです」(近所の住人)

 さいたま市内にある間取り4LLDDKKのプール付きの2階建ての豪邸。かつて、バラエティー番組で何度も紹介されたボビー・オロゴン(55)の自宅が、現在9580万円で売りに出されている。

暴行事件で暗転。現在は投資で生計を立てている

 ボビーは「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)でのデタラメな日本語で人気者となり、「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)では1カ月1万円生活に挑戦。“最強の素人”としてK-1で格闘家デビューも果たした。近年は「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)のナレーターとして仕事の幅を広げていたが、2020年5月16日に自宅の玄関先で妻(48)のほおを叩いた暴行容疑で現行犯逮捕され、芸能活動は暗転した。

子どもたちとボビー(本人のInstagramより)

「暴行事件直後に自宅前に集まった報道陣に対して、奥さんは涙ながらに『長年、主人から様々なDVを受けてきました。ずっと我慢してきました』と打ち明けました。ボビーから『家を売りたいから今すぐ出ていってくれ』と言われ、断ると『離婚届をとっとと書いて渡せ』と、迫ってきたそうです」(スポーツ紙記者)

 ボビーは当初、「暴力はやっていない」などとDVを否認していたが、公判では起訴内容を認め、昨年5月にさいたま地裁から暴行罪で罰金10万円の判決を言い渡された。

「逮捕後、ボビーは『YOUは何しに日本へ?』を降板し、1年以上芸能活動を休止。昨年9月に芸能活動を再開させて、14年ぶりに総合格闘技にも復帰しました。しかしネガティブなイメージが広がりテレビなどの仕事は激減している。思い返せば、2006年にも当時の所属事務所で暴れて、暴行容疑で書類送検(その後、起訴猶予)されていますしね。ここ数年は株や投資で儲けて、千葉県の御宿やオーストラリアに別荘を所有。投資用にマンションを一棟買いするなどし、家賃収入で生計を立てているようです」(同前)