昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/28

genre : エンタメ, 芸能

――逆に自分たちが権力になってしまう怖さはありますか?

屋敷:それはありますね。昔は全部に噛み付いてたんですけど、第7世代にかみついたりって今は絶対違うじゃないですか。だからさんまさんとかありがたいです。ちゃんと暴れさせてくれて、しかも結局めちゃくちゃおもしろくなってしまうんですよね。

 

「でもあの人みたいになりたくないなぁ(笑)」

――今は第7世代がちょっと流行の反動で苦戦してる中で、いわゆる「6.5世代」と呼ばれるニューヨークさんやチョコプラさんがめちゃめちゃ露出を増やしているという現実があります。その現象についてはどう思われますか。

屋敷:でもそれ、別に第7世代がおもんないとか、見んくなったわけでもないですよね。テレビには相変わらず出てるけど第7世代という言葉があんま使われんくなったという話じゃないですか。ぼる塾とかおるし、霜降り(明星)はもちろん、3時のヒロインもしょっちゅう一緒になるし。

嶋佐:たしかに言葉は最近聞かなくなったけどね。でもそれだけじゃないですか。

 

屋敷:(とろサーモン)久保田さんだけですよ。いまだに第7世代殺すとか言ってるの。

嶋佐:このあいだも「第7世代殺す」っていうデザインのTシャツ着てたもんね。

屋敷:すごいすね、あの人は。M-1チャンピオンっていう一番牙むかれへんスタンスになってもうたのに、自らまた牙をむけるところまで下がってきましたから。あの人はすごいっすよ。ずっとカウンターで。

嶋佐:でもあの人みたいになりたくないなぁ(笑)。

z