昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「皮肉とか偏見とか、今後も絶対需要はあると思う」ニューヨークが考える10代・20代から圧倒的に支持された理由

#2

2022/01/28

genre : エンタメ, 芸能

 2021年12月18日に発表した「好きな芸人2021ランキング」で1位に輝いたニューヨークの2人。「誰も傷つけない笑い」が世間にもてはやされるなかで、“皮肉と偏見”全開のニューヨークが若年層の圧倒的な支持を得てトップに立ったことにはどんな意味があるのだろうか。

 2人が考えるお笑いの今後、そして若者たちへのメッセージとは。(#1から読む)

◆ ◆ ◆

――これはニューヨークさんや、もしかすると文春にも共通する問題なのかもしれませんが、やっぱり人の嫌なところ、あまりいじってほしくないところをフィーチャーするネタをしていると、全方位にウケるわけではないですよね。そのラインの見極めって特に芸人さんは気を使うところではないかと思うんです。たとえばジェンダーの感覚とか、お2人はそういう感覚の更新や世間とのすり合わせをどのように考えていますか。

「牙をむく相手は自分より強い相手にしたい。さんまさんとか」

嶋佐:ざっくばらんにネタを考えて思いついた時には、これを入れるべきか変えるべきか、やっぱり一瞬は考えますよ。これはこんなふうな感じでは言わないほうがいいなとか。

ニューヨークの嶋佐和也さん(左)と屋敷裕政さん(右) ©文藝春秋 撮影・鈴木七絵

屋敷:ネタとかはそうよね。バラエティとかでも、牙をむく相手は絶対自分より強い相手にしたいんですよ、かっこいいように言うと。(明石家)さんまさんとか。

嶋佐:でも噛み付いたら噛み付いたで、「さんまさんに対して失礼だ」っていう苦情が視聴者から来たりして。やっぱそのねじれをね、打破しないとね。

 

――なるほど……M-1の時の「最悪や!」発言にも繋がる(2019年のM-1で審査員の松本人志がコメントしている最中に屋敷が「最悪や!」と叫んだ出来事)。

屋敷:自分より絶対強いやつに噛み付くっていう流儀で一応やっとんのに、それでも怒られるっていう。それが厳しいですね、本当に。弱いものイジメはしたことないと思うんですけど。