昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

両親と兄の4人家族、その中で唯一「耳が聞こえる」…17歳の少女の“自立の物語” 「コーダ あいのうた」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

マサチューセッツ州の海辺の町に暮らす17歳のルビー(エミリア・ジョーンズ)は、両親と兄の4人家族の中で唯一の健聴者だ。幼い頃から家族を支える“通訳”係として、毎朝家業の漁業を手伝っている。新学期が始まると、密かに憧れていたマイルズ(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)と同じ合唱クラブを選択する。顧問のV先生(エウヘニオ・デルベス)はルビーの才能を見抜き、秋のコンサートでマイルズとデュエット曲を歌うことを言い渡し、名門音楽大学への進学を強く勧める。しかしルビーの歌を聴くことができない家族は、進学に反対する。

〈解説〉

2014年のフランス映画『エール!』のリメイク。家族から自立する主人公を描く。監督・脚本は『タルーラ ~彼女たちの事情~』のシアン・ヘダー。2021年のサンダンス映画祭で四冠受賞。112分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆ヒロイン役女優以外、実際に耳の聞こえない俳優たちという事実に驚く。明るく愛情深い一家。娘を別世界に送る度量。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆海上の歌声は強力な先制攻撃だが、以後の語りが意外に型を破れない。可愛くて感じのよい話に傾きすぎたのが惜しい。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆のびのび歌うルビーが魅力的。両親の率直さに悪意は感じず後半の娘を想う姿がより際立つ。V先生の指導も面白かった。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆仏映画『エール!』が全面的に品質向上。主人公の好きなシャッグスをはじめ選曲が良く、個々のキャラも愛嬌たっぷり。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆聴覚障害の家族を持つ少女が悲劇的に描かれていないのが好き。そっと寄り添うマサチューセッツの海辺の町がまた好い。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

『コーダ あいのうた』(米)
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中
https://gaga.ne.jp/coda/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー