昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

側溝で鳴く子猫を「守りたい、この背中」と保護…約5カ月後の姿が幸せ! “ずんぐりむっくり”になるまでの成長記

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

 

保護子猫が立派に成長した姿が感動を呼んでいる。

Twitterユーザーの天使こめさん(@0818kome)は、2021年8月の雨の日の夜に、側溝で鳴いていた1匹の子猫を保護した。男の子で生後1カ月ほどとみられ、大きさは手のひらサイズ。

白い毛並みと小さな体が、お米に見えたことから「こめ」と名付けた。うずくまる姿を見て、飼い主さんは「守りたい、この背中」と感じたという。

こめくんの後ろ姿

猫を飼うのは約7年ぶりだったが、2匹の先住犬とともに家族の一員として愛情を注いだ。

そして、2022年1月のこめくんの姿がこちら。フカフカとした毛並みとクリクリした目。飼い主さんが「ずんぐりむっくり」と表現するほど、小さな命は立派に成長した。

2022年1月の姿。立派に成長した

Twitterではこのビフォーアフターが話題となり、「良かったね。やさしい良い方に保護されて」などのコメントが続々。投稿には14万以上のいいねが寄せられている。(1月25日時点)

雨で流されてしまう…「私が幸せにする」と自宅に持ち帰る

飼い主さんは心配の連続だっただろうが、どのようにして育てたのだろうか。こめくんの保護から現在に至るまで、約5カ月の成長記録を聞いた。

――こめちゃんとの出会いと保護の経緯を教えて。

鳴き声がずっと聞こえると思い外に出ると、家の横の1メートルほどの側溝に子猫(こめくん)が落ちてあがれなくなっていました。その日は一日中雨だったため、側溝の水かさも増えていて流されてしまうと思い、溝に降りて助けました。弱っていたので一旦家に持ち帰りました。

保護当時の様子

近くに兄弟らしき子猫がいて引き離すことになるので、保護することがこの子にとって幸せなのかわからず、保護するかどうかはとても悩みました。ですが、事故で亡くなる猫も多くいるので私が幸せにする!と心に決めて保護することにしました。
 

――兄弟らしき子猫はどうなった?

すぐ逃げてしまいました。こめを保護したのは、こめだけが側溝に落ちていたのと、他の兄弟らしき子猫に比べて、小さく弱っていたように見えたためです。