昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《池袋82歳“パパ活”殺人》「毎日違う娘をとっかえひっかえ連れて来るおじいちゃんも」 マッチングアプリに出会いカフェ、相場は1.5万円から…池袋“ジジ活”のリアル

genre : ニュース, 社会

 池袋のラブホテルで1月21日、独居老人の今野勝蔵さん(82)が殺害された事件。警視庁は翌22日、今野さんとラブホテルに入り、西八王子に逃亡していた職業不詳の藤井遥容疑者(24)を殺人容疑で逮捕。逃亡を手助けしたとして、藤井容疑者の元恋人・小林優介容疑者(29)と弟の翔太容疑者(25)も逮捕した。

©文藝春秋 撮影:宮崎慎之輔

 事件から7日が経ち、徐々にその全貌がわかってきた。

「藤井容疑者はいわゆる『パパ活』を頻繁に行っていたようです。事件当時に設置されていたラブホテルの防犯カメラには会計時に1000円のお釣りを受け取る今野さんの姿が映っていましたが、警察官が駆け付けた際には今野さんの財布は空っぽでした。

 当初、藤井容疑者は『当日に路上で声をかけて知り合った』と供述していましたが、その後、マッチングアプリを通して知り合った可能性が浮上しています。今野さんはこれまで風俗の利用歴も多く、『パパ活』をしていたという話もあるようです。

 日頃から、小林兄弟は女性に成りすまして客を募り、藤井容疑者にホテルに向かわせ金儲けをしていました。警視庁は藤井容疑者と今野さんの間で金銭トラブルがあり、殺害に至ったとみて調べています」(社会部記者)

逮捕された藤井遥容疑者 JNNニュースより
逮捕された小林優介容疑者と弟の翔太容疑者 ANNニュースより

近年では定年退職後の老人を狙った“ジジ活”が増加

 コロナ禍で仕事を失い、「パパ活」に手を出す女性の姿は度々報じられてきたが、最近では定年退職後の男性老人などを対象とする「高齢パパ活」=“ジジ活”が珍しくなくなっているという。

 池袋の飲食店関係者が語る。

「コロナ禍で昼から酒を出す店も珍しくなくなりましたが、妻や同居する息子・娘に隠れて、真っ昼間に女性を連れてくる70歳越えの男性客も増えてきました。ストールにハットをかぶっているような“お洒落なおじいちゃん”だけではなく、ヨレヨレで米粒を付けたような“ダサい”おじいちゃんも普通に来ますよ。『6時が門限だから』なんて言って、それまでに一杯飲んでホテルで買春し、素知らぬ顔で帰宅するおじいちゃんもいますね。

池袋の繁華街にはこういった「出会いカフェ」も多い ©文藝春秋 撮影:宮崎慎之輔

 とあるおじいちゃんがガールズバーで『5万円でどう?』とか『1万円あげるからご飯行こう』と店員を誘う姿も見たことがあります。毎日違う娘をとっかえひっかえ連れて来るので、どこで見つけるのだろうと疑問に思っていましたが、本人いわく『主にマッチングアプリ』。そこで見つからなければ、『出会いカフェ』に行って直接交渉しているようです」

z