昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈3歳女児放置死〉“避妊”も“借金”も断れない母親が鹿児島に会いに行った“ちょっとやばい人” 「こんなママでごめんって…泣きました」

3歳女児放置死裁判ルポ#2

2022/01/30

genre : ニュース, 社会

 2020年6月、3歳の長女を自宅アパートに9日間置き去りにし、衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死などの罪に問われている母親の梯沙希(かけはし・さき)被告(26)。2022年1月27日に開かれた裁判員裁判の初公判で、梯被告は起訴内容を認めた。

 そして、1月28日の第2回公判では、梯被告自身が受けていた虐待の内容や、男女関係や金銭問題での“流されやすい”性格が明らかになった。(全2回の2回目。1回目を読む)

 嫌と言えない性格はセックスにおいても同様だったと明かす。ラーメン屋で知り合い交際に発展した元夫・Aさんからは「俺は基本(ゴムを)つけないから、もしできたら、金払って堕ろせばいいから」と言われたというが「えーそうなんだー」と答えていたのだそうだ。

「避妊してと言ったことない。これまでの人もほとんどしてくれなかった。もしできちゃったら妊娠……不安、めちゃくちゃありました。怖いとか不安が大きかったです。でも(相手に伝えることは)ないです。言えないから。怖くて言えないです」(同)

 こうして意思を伝えられないまま稀華ちゃんを妊娠した。すると気持ちに変化が生じたという。

「妊娠前は、誰とも結婚したくない、子供もいらない。もういいや、と思っている自分がいましたが、どこかで、幸せになりたいとか、誰かに愛されたいという気持ちもあって、もし家族ができるとするんだったら、幸せな家庭がいいなと思ってました。いい意味で、気を使うけど、他愛もないこと喋って、帰ってきたら、落ち着くとか、楽だなとか、そんな家族がいいなと思ってました」(同)

稀華ちゃんの写真は限られた友人だけに公開する別アカウントのインスタグラムにのみ投稿されていた(梯被告のインスタグラムより)

 Aさんは中絶を提案したこともあり、梯被告も「どうしていいか分かんない」と思っていたというが、中絶可能な週数も過ぎ、出産に至る。そののち入籍したが、稀華ちゃんが1歳になる前にふたりは別れた。タレントのように容姿の整ったAさんは同日の証人尋問で「自分に原因があった」と涙ながらに語ったが、梯被告はそれが「暴力や暴言」だったと述べた。シングルマザーとなり、蒲田に移り住んだが、児童扶養手当が受け取れることを知らず、申請したのは離婚から9ヶ月後だった。