文春オンライン
《被害者A氏が告発》人気格闘技系YouTuber安保瑠輝也が“キャンピングカーPR案件”でトラブル「動画も公開されないし車両の返却もない」

《被害者A氏が告発》人気格闘技系YouTuber安保瑠輝也が“キャンピングカーPR案件”でトラブル「動画も公開されないし車両の返却もない」

note

確認したら「提供したキャンピングカーが破損」

 A氏が長濱氏へ送ったLINEメッセージは、2021年11月21日に既読がついたものの、2022年になっても返信はこなかった。しかし1月29日に長濱氏からA氏に突然LINEメッセージが送られてきた。

《お世話になっております。登録していた方々の連絡先が全て消えてしまいました。お手数ですが、お時間あるときにお電話番号を送っていただけますでしょうか》(2022年1月29日、長濱氏からのメッセージ)

「音信不通だったことについての謝罪は一切ありませんでしたし、PR案件に触れることすらありませんでした。何を思ってこんなメッセージを送ってきたのか……。既読をつけたまま返事をしていなかったのですが、次は安保さんから直接LINEでメッセージが送られてきました」

ADVERTISEMENT

 そこにはこれまでの経緯について、こう説明されていた。

《私自身がPR動画の編集進捗やA氏(※メッセージでは実名)への返信状況を把握していなかった為、案件の中止と車の返却までのご提案頂いていたことを知らず、大変失礼致しました》

《PR動画に関して、編集の過程で誤って動画の素材を全て削除してしまっており、そのことについて私にもA氏(※メッセージでは実名)にも言い出せないまま時間が経ってしまったとのことでした》(2022年1月30日、安保からのメッセージ)

安保のTwitterより

「言い訳がツラツラと書かれていましたが、さすがにもう鵜呑みにはできませんでした。もしかして渡したキャンピングカーが破損でもしているのではないかと、現状の写真を送ってほしいとお願いしたんです。すると案の定、テレビをつける柱が折れてしまうなど破損していました。

 今回の件は、私の甘さが招いたミスでもあると思っています。安保さんにPR案件を依頼するにあたって、契約書を作成していなかったんです。YouTuberへのPR案件依頼は個人商店を始め、いろいろな会社さんがやっているので、気軽に考えすぎていました。

 元々応援していた安保さんにこのような形で裏切られることになるなんて……。YouTuberに案件依頼をする方には、私のようなことにならないよう、気を付けていただきたいです」

 安保らに文書で事実確認を行ったところ、「直接会って話がしたい」と連絡があった。