昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/03

「勘三郎はほんまアホやで」

 鶴瓶さんは勘三郎さんと無二の親友で、仕事仲間だった。打ち上げも佳境にさしかかった頃、生前勘三郎さんがした悪戯や、トラブルの話で盛り上がった。爆笑に次ぐ爆笑。今は亡き人のことでこんなに笑えることはそうなかった。

「人間は死んだら終わりなんや」

 鶴瓶さんが少し声を荒らげて言った。

「勘三郎みたいな、あんなすごいやつでも、あんな偉業を成し遂げた男でも、死んでしまったら、みんな忘れてしまうやんか。俺はそれが悲しい」

 自分を含む周りの席が、少しだけ雰囲気を変えた。鶴瓶さんの目がまったく笑わなくなったからだ。

「まだ勘三郎が死んでから1年やろ。なのにもう、みんな忘れる。死んだら終わりやで」

 キッとこちらを向いた。

「だから源ちゃんは死んだらあかんねん。ほんま、死なんでよかったなあ」

 ニッコリと笑ったが、その真っ赤になった顔は少し悲しそうだった。

z