昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

娘たちを“世界最強のテニス選手”に…クセの強い父親が作成した「78ページの計画書」 「ドリームプラン」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

80年代、カリフォルニア州コンプトン。テニス未経験者で、お金もコネもないリチャード・ウィリアムズ(ウィル・スミス)は、自分の子どもを世界最強のテニスプレイヤーにするための、78ページの計画書を独学で作成していた。5人の娘を授かったリチャードは、ビーナス(サナイヤ・シドニー)とセリーナ(デミ・シングルトン)の才能を信じて、荒れた公営コートで計画を実行し続ける。世間から揶揄されてもリチャードは信念を貫き通し、裕福な白人のスポーツだったテニス界に、娘たちが旋風を巻き起こす。

〈解説〉

ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の実父の実話を基に、家族の絆を描く。『ジョー・ベル ~心の旅~』のレイナルド・マーカス・グリーン監督作。第94回アカデミー賞で作品賞や主演男優賞など6部門ノミネート。144分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆『巨人の星』(古すぎ?)のような話。親から期待されても困るなと思いつつ、サクセス話はやっぱり楽しい。実話の強みも。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆スポーツ映画の常道、と見せかけつつ、ひねった細部で勝負している。主人公のいかがわしさが、時代背景とうまく絡む。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★稼げる子どもを社会に消費され尽くさぬよう、凡庸な物差しで善悪を測る世間を相手にしない父親リチャードが凄い。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆クセの強い父率いる天才姉妹の成功譚。原題は『リア王』捩りか。美談としては軋みがデカいが、固有の味が出たのは確か。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆あのコンプトンの公営コートから制覇への台頭。娘と妻に囲まれたあの父がリチャード3世ばりだという皮肉も込めて。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『ドリームプラン』(米)
TOHOシネマズ日本橋、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開中
https://wwws.warnerbros.co.jp/dreamplan/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー