昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/03/13

なぜアルメニアで手術? その2つの理由

――なぜ海外へ? 日本で骨延長手術は受けられないのでしょうか。

Gen 不可能ではありませんが、「身長を伸ばしたい」という理由は保険適用外になるため、費用がかなり高額になります。

 僕は両足の太腿とスネ、計4カ所の骨延長手術を受けました。術後すぐは歩けないので、一定期間は不自由な生活となります。手術代に加え、術後療養期の滞在費、食事代、人件費などを含めると、日本で手術した場合は1500万~2000万円くらいかかると思います。

――それはかなりの金額ですね。

Gen そうですね。一方、アルメニアでの費用は約500万円で、日本の約4分の1です。

 もう一つ決め手になったのが、執刀医のクオリティです。アルメニアには、イリザロフから教えを受けたドクター・ミルヤゾンがいます。せっかく手術を受けるならば、自分が信頼できる医師のもとで……と考えて、渡航を決めました。

研修医時代に手術を決意。費用の500万円を貯めた

――「骨延長手術」という言葉を知ったのはいつ頃ですか?

Gen たぶん、中学生の頃には知っていました。映画『ガタカ』などでも骨延長が出てきますし、あえて検索して知ったわけじゃないです。

――では、実際に手術を受けようと思ったのは?

Gen 社会人になってからです。研修医時代に骨延長について具体的に調べたら、「アルメニアなら約500万円で手術ができる」とわかりました。あとは費用を貯めれば、仕事のキリのいいタイミングで行けるなと。

――「身長は骨延長で伸ばせる」と知ったとしても、多くの人は実際に手術を受けるまでに至らなそうです。迷いはなかったですか?

Gen 特になかったですね。手術を受けたくなり、そのために必要な情報を集めたら、「実現できるし、大したことじゃないな」と。あとは進むだけなので、貯金しました。もし費用と仕事のタイミングがもっと早く解決していれば、その時点で行っていたと思います。

z