昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《土浦集団リンチ傷害致死事件》「俺は組長の息子だぞ!」 組の“シマ”で暴れまわり「街では煙たがられていました」 逮捕された不良グループリーダーの素顔

#1

genre : ニュース, 社会

「何、見てんだよ?」「見てねぇだろ、お前ら何なんだよ!」

 きっかけは、そんなヤンキーたちの“メンツ”をかけた言葉の応酬だったという。

 2月12日午前2時、茨城県土浦市。辺りには幹線道路沿いの外灯ぐらいしか明かりのないナイトクラブ脇の薄暗い資材置き場で、1人の男性が殴る蹴るの集団リンチを受けていた。

リンチ殺人事件が起きた場所付近にあるクラブの外観 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 この日は週末で、そのナイトクラブでは音楽イベントが行われていた。県外から来た若者も多く、普段以上の賑わいをみせていたという。それが結果的に、見ず知らずの若者たちを引き合わせ、悲劇を生んでしまう。

 リンチを受けた男性は千葉県八街市の大工、浜田夕輝さん(21)。

 浜田さんはその後病院に搬送されたが、搬送時には既に意識がなく、暴行からちょうど1週間後に死亡した。

地元の不良グループ4人を傷害容疑で逮捕

 浜田さんに暴行を働いた男たちはその後、逃亡していたが茨城県警は2月20日、地元の不良グループ、鴫原大地容疑者(22)、マツセ・キタ容疑者(22)、小川大輔容疑者(22)、中嶋敦生容疑者(22)の4人を傷害容疑で逮捕したと発表。

事件現場の最寄り駅であるJR土浦駅 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 その後、新たに中茎凌大容疑者(22)と19歳の少年3人を3月7日までに逮捕し、逮捕者は計8人にまで達した。いずれも傷害致死容疑に切り替え、県警は捜査を進めている。

 逮捕された8人は、4人ずつの別グループで互いに面識はなかったという。

「最初に逮捕された鴫原ら4人は、『北関東最大の歓楽街』とも呼ばれる土浦・桜町で、たびたび飲んでは暴れる“イキった”チンピラでした。頻繁に警察のお世話になっていた連中です。後に逮捕された中茎ら4人は、埼玉に本部を置く暴力団の若い衆。死亡した浜田さんもまた別のグループで、千葉から複数人で来ていました。

 3グループともそれぞれ面識はなかったようですが、たまたまクラブで出会い、つまらぬ口論から殴り合いの喧嘩に発展したようです」(鴫原容疑者の知人)

z