昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あ~まだ私の体に興味があるんだ」9年間セックスレスの妻(36)が語る、夫とのレスを解消した驚きの方法

腰使い㊙️ゆかさんインタビュー#2

 あやまんJAPANユースメンバーである腰使い㊙️ゆかさん(36)。3歳年上の夫と9年間セックスをしていないことを告白し、夫婦関係を赤裸々に明かしている。

 そんな彼女に、セックスレスになった理由や、夫との関係、あやまん JAPANのユースメンバーになった経緯などを詳しく聞いた。(全2回の2回目/前編を読む)

腰使い㊙️ゆかさん

オーディションであやまんJAPANユースメンバーに

――あやまんJAPANのユースメンバーになったきっかけは、何だったのでしょうか。

腰使い㊙ゆか(以下ゆか) 私自身、あやまんJAPANのファンだったので、ずっと活動を見ていたんです。1ファンとして応援はしていたんですけど、あやまんJAPANに入るとは全く思っていなくて。

 当時、芸人さんが大好きで追っかけをしていた時に、ちょうどあやまんJAPANユースメンバーのオーディションが開催されることを知って、「もしかしてあやまんJAPANに入れば芸人さんと繋がれるかもしれない」という軽い気持ちで応募しました。

――ちなみにその芸人さんというのは?

ゆか ドランクドラゴンの鈴木拓さんです。テレビ番組の観覧に行って、出待ちをしていた時にすごく優しい対応をしてくれて。当時、鈴木さんは「クズ芸人」みたいな感じで、何度も炎上していたんですよ。

 それまでは好きでも嫌いでもなかったんですけど、その出待ちでの対応の優しさにギャップを感じて、好感度が爆上がりしました。それから今までずっと好きなんです。

――鈴木さんとは会うことができたのでしょうか。

ゆか いや、それがまだできていないんです。一度会えそうな時があったんですけど、ギリギリのところで会えず……。これからに期待ですね。

 

あやまんユース入りを、夫には話していなかった

――あやまんJAPANユースに入った時はご結婚されていましたよね。彼には事前に話していたのでしょうか。

ゆか メンバーになった時は結婚4年目くらいだったと思うんですけど、ずっと言っていなかったです。「今日ライブに行ってくるね~」って話してはいましたけど、まさか私が出演者側のライブだとは思っていなかったみたいで。少し経ってから「最近ライブに行く回数が多くない?」って言われて、「あ、実は見る側じゃなくて出る側なんだよね」って。

――なぜ彼に言わなかったのでしょうか。

ゆか 私のやることにあんまり興味ないだろうなと思っていたので。仲が悪いわけではないんですけど、特に言う必要もないかなって。

 あやまんJAPANのユースメンバーとして、これから色々な活動をしていくと話した時に、「仕事としてやるのはちょっとどうなのかな」って言われましたけど、私の中に仕事っていう感覚はあんまりないんですよ。ただ好きなことをやっているだけというか。

 最近は、彼も私の活動を応援してくれていて、ライブを見に来てくれることもあります。