昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

押尾学との離婚を経て…矢田亜希子43歳は母親役で“復活”できるか

 安田顕主演のNHKドラマ10「しもべえ」に出演している矢田亜希子(43)。

「昨年の連ドラ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』では故人という設定だったが浜辺美波の実母役。同じく昨年の『この初恋はフィクションです』では男子高生の母。今回は17歳の娘(白石聖)に愛情を注ぐシングルマザー。母親役が板に付いてきた」(放送記者)

ドラマ「しもべえ」ではシングルマザー役(NHK「しもべえ」公式サイトより)

 矢田は中学2年の時、原宿でスカウトされ芸能界入り。1995年、連ドラ「愛していると言ってくれ」で豊川悦司の妹役でデビューを果たした。当時16歳。

「黒髪ロングの制服姿は清楚を絵に描いたようで、多数のオジさんファンも生んだ」(芸能デスク)

 2002年には「マイリトルシェフ」で連ドラ初主演。03年の「白い巨塔」ではヒロイン格、04年の「ラストクリスマス」では織田裕二の相手役と順調にキャリアを重ねる一方、CMでも人気を博した。

「特にアフラックのCMでは、ナースに扮して微笑みかけ、清楚系の本領を発揮。“お嫁さんにしたい女優”として真っ先に名が挙げられる存在になった」(同前)