昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元乃木坂46・川後陽菜が“セカオワ”も手掛ける人気プロデューサーとホテル連泊 直撃取材に「僕41歳で、向こうは23歳ですよ」

genre : エンタメ, 芸能

 3月6日の23時頃、渋谷の焼肉店から黒いパーカーに黒いマスク姿の男性が、アイドル女性4人を引き連れて姿を現した。5人は渋谷駅まで歩くと、男性は駅手前で女性たちに別れを告げて渋谷の街へ。女性たちもスクランブル交差点の近くで解散し、それぞれJRや地下鉄へと向かい散っていった。

川後陽菜と和田直希 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 だが女性の1人は、他の女性たちが駅に入っていく姿を立ち止まったまま見送っている。1人になってもスマートフォンの操作を続け、数分後にようやく歩きだした。オーバーサイズの黒いパーカーにピンク色の髪が渋谷の街中でもよく目立つこの女性は、2018年まで乃木坂46に所属し、現在はガールズグループ「Youplus」で活動する川後陽菜(23)である。

渋谷の街を歩く和田と「Youplus」のメンバーたち ©文藝春秋 撮影・宮崎慎之輔

2人はホテル内のコンビニで合流すると…

 川後が歩いて向かった先は、渋谷駅から徒歩圏内にある高級シティホテルだった。

 川後がホテル内のコンビニへ立ち寄ると、そこには先ほど駅で別れたはずの男性が。2人は目を合わせるとごく自然に合流し、並んで缶チューハイを選んで男性が持ったカゴに入れて購入すると、そのまま一緒にエレベーターに乗りこんだ。

 この男性は、川後が所属する「Youplus」のプロデューサー、和田直希(41)。「SEKAI NO OWARI」のクリエイティブディレクターも務め、ボーカルのFukaseとともにアパレルブランド「badmood」も手がけている。雑誌「TOKYODOT」の共同編集長にも名前を連ねるなど幅広く活躍している。そして、和田は関西に妻子がいるという――。

ホテル内のコンビニで並んでお酒を選ぶ2人

◆◆◆

 川後は2011年に発足した乃木坂46の初期メンバーで、2018年末にグループを卒業。そして2021年からは、「モーニング娘。」や「アンジュルム」などの元メンバーで結成したガールズグループ「Youplus」で活動している。

「乃木坂に在籍していた時は雑誌『Popteen』の専属モデルも務めていて、他メンバーの魅力を引き出そうとしたり、斬新なあだ名や私服を提案していたことから『川後P』と呼ばれてファンからも愛されていました。乃木坂に入る直前の12、13歳くらいから地下アイドルとして活動していて、生粋のアイドル好き。乃木坂卒業後には『ミスiD』の選考委員にも加わっています。そして昨年11月、『Youplus』としてアイドルとしての活動を再開したんです」(スポーツ紙記者)