昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《旭川14歳少女イジメ凍死から1年》「卒業番号はなかったが嬉しかった」X中学校から廣瀬爽彩さんに授与されていた卒業証書 “一人きりの卒業式”を母親が涙の告白

旭川14歳少女イジメ凍死事件 #29

genre : ニュース, 社会

《卒業証書 廣瀬爽彩 平成十八年九月五日生 中学校の課程を卒業したことを証する 令和四年三月三十一日 北海道旭川市立X中学校長》

 昨年2月13日に自宅から失踪し、翌月に北海道旭川市内の公園で凍った状態で発見された当時中学2年生の廣瀬爽彩(さあや)さん。今回、文春オンラインの取材でイジメを受けた後に転校した中学校から亡き爽彩さんに卒業証書が授与されていたことが判明した。

廣瀬爽彩さん

校長らが自宅を訪問、たった一人の卒業式が行われた

 文春オンラインでは、これまで爽彩さんが凄惨なイジメを受けていたこと、失踪直前までそのイジメによるPTSDに悩まされていた事実などを報じてきた。これらの報道を受けて、昨年4月、旭川市教育委員会はイジメで重大な被害を受けた疑いがあるとして「重大事態」と認定。昨年5月に設置された第三者委員会はイジメの有無や爽彩さんが亡くなった因果関係などの再調査を行っており、今月末にも中間報告が公表される予定だ。

 爽彩さんが天国へと旅立ってから1年――。生きていれば今年の春に中学校を卒業したはずだったが、爽彩さんの母が愛娘の未来へ羽ばたいていく姿を見届けることは叶わなかった。だが、今年の3月15日にX中学校の校長らが爽彩さんの自宅を訪問し、彼女の卒業証書を母親に手渡したという。

 

 爽彩さんの母が時折、声を詰まらせながらも、胸中を明かした。

「爽彩が亡くなってから、月命日にはいつもX中学校の校長先生と教頭先生がお花をもって仏壇に手を合わせに来てくれていました。2月に校長先生から『来月が卒業式ですけど、爽彩ちゃんにも卒業証書をお渡ししたいです。教育委員会にも許可を取ってあります。お渡ししてもよろしいでしょうか』というお話をいただきました。学校での卒業式を終えた後、夕方頃に校長先生と教頭先生、そして当時の担任の先生が家に来てくれました。爽彩の仏壇の前で先生たちがお線香をあげたあと、前に座っていた校長先生が爽彩の遺影に向かって卒業証書を読み上げてくれました」

 それは、たった一人の卒業式だった。読み上げられる校長の言葉に母親は涙が止まらなかった。

z