昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

球団が警察に被害届を出す旨を伝えると観念し…

「長谷川は当初、球団からの聞き取りに対しても、乗っ取りの被害に遭ったと釈明していた。しかし球団が、警察に被害届を出す旨を伝えると観念し、自分が書いたものだと認めたのです」

別の女性も暴露

 もう一人の山村は、東海大相模高で49本塁打を放った左のスラッガーで、2020年ドラフトの3位で入団。西武不動のショート源田壮亮の座を脅かす存在として期待されている。山村は何をしたのか。

「年始に帰省した際、地元の友人らと酒を飲んだりタバコを吸ったりしていたそうです。球団の聞き取りに事実を認めている」(同前)

 山村と長谷川は突然の二軍落ち後、試合にはまったく出場していなかったが、約3週間が経った4月2日に揃って復帰した。だがその経緯などについては一切発表されていない。

 西武は週刊文春の取材に、こう回答した。

「長谷川は、当球団が確認したメッセージについて、自身が送ったことを認めております。選手のツイッター等のSNS利用については適切に指導してまいります。山村が飲酒および喫煙をしたことは当球団の聞き取り調査で確認いたしました。両選手には、適切に処分を行っております」 

 4月6日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」、および4月7日(木)発売の「週刊文春」では、長谷川と女性とのさらに詳しいやり取りや、西武球団の体質などについても報じている。

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z