昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

西武ライオンズ 19歳の長谷川信哉、山村崇嘉の2選手を飲酒、喫煙、ネットナンパで処分

 西武ライオンズの期待の若手選手2人が、問題行動を起こし、球団から処分を受けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

 2選手とは、長谷川信哉内野手(19)と山村崇嘉内野手(19)。2人は3月10日に突如二軍落ちとなり、その後二軍の試合にも全く出場しなくなっていた。4月2日に復帰したが、番記者や関係者からは「怪我でもないのになぜ?」と訝しむ声が上がっていた。

長谷川選手 西武ライオンズ公式HPより
山村選手 西武ライオンズ公式HPより

 長谷川についてスポーツ紙記者が語る。

「2020年の育成ドラフトで2位指名を受けた高卒2年目。敦賀気比高校では外野手として活躍したが、現在は内野手登録で複数ポジションを守れます。俊足、強肩、巧打と三拍子そろった大型内野手として期待されている」

 今春のキャンプでは当初一軍に同行していた長谷川だが、自身のインスタグラムを通じて、女性に猥褻なメッセージを送ってネットナンパをしていたことが3月上旬に拡散された。そこでは女性とこんな生々しいやり取りを交わしていた。

女性 〈いつも生でエッチしてるんですか〉

長谷川〈つけたりつけなかったり、かな?〉

女性とのやりとり

 その後、長谷川は自身のツイッターで〈インスタのアカウントが乗っ取られていました〉と弁明、幕引きを図ったが、球団関係者が「週刊文春」に新事実を明かした。