昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『カムカム』世良公則が明かす「定一の苦しみが自分の過去と結びついた」

#1

 4月8日(金)に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。4月4日(月)放送の冒頭では、喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」で、るい(深津絵里)がコーヒーを淹れ、大月錠一郎(オダギリジョー)がピアノの弾いている場面が映し出され、話題を呼んでいる。

 安子編ではその「ディッパーマウス・ブルース」店主・定一を演じ、ひなた編では定一の息子・健一として再登場した世良公則(66)が「週刊文春」の取材に応じ、朝ドラ出演の反響や共演者とのやり取りなど、撮影の舞台裏を明かした(全2回の1回目、後編へ続く)。

世良 NHK提供

 世良は1955年12月14日生まれ、広島県福山市出身。ロックバンド「世良公則&ツイスト」として、「あんたのバラード」「燃えろいい女」など数多くのヒット曲を生み出した。以後、ソロアーティストとして活動。近年国内外のミュージシャンとのセッションを精力的に行っている。一方で、1998年公開の映画「カンゾー先生」で2度目の日本アカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、俳優としての評価も高い。3月30日には世良が歌う「On the Sunny Side of the Street」が配信された。

いつもは断っていた“歌う役柄”を受けた理由

――安子編では、喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」店主・定一を演じました。

「僕は俳優の仕事をさせていただくときには、なるべくミュージシャンとしての一面が前面に出るものは、今までお断りをしてきたんです。今回の場合、定一さんが『On the Sunny Side of the Street』を歌うことになるかもしれないということだったので、ちょっと悩んだんですよ。ただ、戦中はジャズという敵国の音楽がすごく冷遇されていた。僕もツイストで世の中に出たとき、世間に受け入れられませんでした。地域によっては『ツイストのコンサートに行ってはいけません』と教育委員会からのお達しがあった時代です。ですから、戦中・戦後で、敵国の音楽を愛し続けるという定一の苦しみが、自分の過去と結びつくところがあった。定一の苦しみのようなものを歌で表現できるかもしれないと思って、今回、珍しく、歌うことのある役柄を受けさせていただきました」