昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

9位 赤螺小夜子(新川優愛)

 続いて、ひなたの幼馴染、小夜ちゃんが9位。ひなたの弟・桃太郎(青木柚)に想いを寄せられたが、赤螺家の息子・吉之丞(徳永ゆうき)と結婚する展開は視聴者を驚かせた。彼らのみならず、小夜子を演じた新川優愛の笑顔に癒されるファンも多かったようだ。

新川優愛 NHK提供

「朝見て優しい笑顔に癒されます」(60・女性)

「新川優愛の大ファンです」(69・男性)

「演じてる俳優が好きだから」(57・男性)

8位 野田一子(市川実日子)

 8位は、ベリーこと一子。大阪ではジャズバーに通い詰める短大生だったが、京都では一転、実家の茶道教室を継ぎ、着物でお茶をたてる姿を披露した。アンケートでは、そのカッコイイ生き方に、主に女性から厚い支持を集めた。

NHKのHPより

「カッコイイ。なんにたいしても物怖じせず、誰にも忖度せず、ブレる事なく自分を貫く。キツイようにも見えるが、自分の気持ちに正直で、信用出来る。根は愛情深く人を陥れたり裏切ったりしない。凜とした姿はお茶の師匠がよく似合う」(58・女性)

「物怖じせず、思ったことをはっきり言えて行動もできる性格が羨ましいから。恋愛でも、相手の幸せを何より大切に考えることができ、嫉妬を見事に昇華させて、るいを応援しながら友情を育み、お互いに生涯の親友となった在り方に、こんな友人がほしいと思った」(48・女性)

z