昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/17

 日米地位協定は、在日米軍の軍人、軍属、その家族らが、日本の法律に縛られることなく、日本国内で活動できるための特別な権利を定めている協定である。彼らが日本国内で犯罪を行った場合、現行犯逮捕や緊急逮捕はできる。だが、犯人が在日米軍だとわかれば、米軍当局に通報して引き渡さなければならない。

 そしてこの引渡しの時、戦争映画のワンシーンのような一幕が刑事らの目の前で、実際に起きるという。

憲兵が部屋に入ってきた瞬間、米兵が起立し直立不動に

「大暴れしていた米兵が、自分よりずっと小柄な憲兵の言うなりになり、手錠と足かせを掛けられ、大人しく護送されていきました」と元刑事Aは言う。泥酔状態の米兵を保護した時などは、憲兵が兵士をうつ伏せにして手錠と足かせを掛け、うつ伏せのまま護送していったというのだ。

 引渡し時の米兵たちの変わり様を見て、元刑事Bも、米兵にとって憲兵はよほど怖い存在なのだと感じたという。

「憲兵が部屋に入ってきた瞬間、横柄な態度を取っていた米兵が起立し直立不動になった」

六本木の繁華街からも近い赤坂プレスセンターのヘリポート。ヘリコプターが定期的に離発着する ©時事通信社

憲兵の対応が“すっ飛んできた”というほど早かった

 今から十数年前のある夜、元刑事Bは強盗未遂で外国人男性を逮捕した。民家に押し入って住民を脅し、金を脅し取ろうとした男は、住民が大声を上げて抵抗したため、何も取らずに逃走した。通報を受けた元刑事らがすぐに現場に向い、近くの路上にいた犯人を取り押さえたのだ。

「逮捕した時はかなり酒が入っていたようで、両手両足を振り回し、ものすごい力で暴れた。捜査員たちが何を言っても暴言を吐き、横柄な態度を取り、まるで言うことを聞かなかった」(同前)

 パトカーに乗せて連行する最中も、男は逃げようと暴れ、差別的な言葉を叫んでいたという。

「逮捕した時はわからなかったが、持っていた所持品から米軍所属の兵士だと判明した。米兵だとわかれば、日本の警察は手を出すことができないと、高をくくっていたんだろう」

 元刑事Bはすぐに米軍側に連絡した。

z