昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女性に性加害疑惑」ラブリ 「週刊文春」への怒りの反論に“3つのウソ” そしてインスタは消された…

 昨年1月28日号の「週刊文春」では(「社会派インフルエンサーモデル ラブリに襲われた」被害者女性が告発〉と題する記事を掲載した。それに対して今年4月1日、ラブリ(32)はインスタグラムに“反論文”を投稿。

 しかし、4月7日発売の「週刊文春」でその投稿内容の間違いを指摘すると投稿は削除され、現在は見られなくなっている。

ラブリのインスタグラム

◆ ◆ ◆

〈事実とは異なる卑劣な記事〉などとインスタで批判

 告発者である20代後半のA子さんは、18年末にラブリが進めるプロジェクトの責任者に就任。親交を深める目的で19年5月、ラブリを含めた五人で和歌山県白浜町に旅行した。

 A子さんが改めて語る。

「お酒を飲んだ夜、ホテルで同室だったラブリさんに、先にベッドで休んでいたところを襲われました。何度も抵抗したのですが、胸や陰部を執拗に舐められ、陰部に指を挿入されたのです」

 重度のPTSDを発症したA子さんは同年8月、和歌山県警白浜警察署に被害届と告訴状を提出。20年3月、ラブリは和歌山地検に書類送検された。強制わいせつ致傷事件として捜査された結果、地検は今年3月31日付で嫌疑不十分で不起訴処分を下したのだ。

 この結果を受け、ラブリは翌日、インスタに文章を投稿。小誌記事に対し、〈事実とは異なる卑劣な記事〉などと批判した。

小誌記事に「深い憤りに震えた」とも記述

ラブリ側の複数の“ウソ”

 だが、その内容には複数の“ウソ”がある。1つ目は〈相手方から代理人弁護士を通して一度目の金銭の要求が〉という部分。A子さんの担当弁護士が反論する。

「最初に金銭での示談を相談してきたのはラブリさん側です。20年2月12日、謝罪と慰謝料として50万円の提示がありました。その後、4月9日には増額して200万円の金額を提示されました」

 その後、A子さん側は通院費用などを算出し、500万円を示談金として提示。ラブリ側は受け入れなかったが、昨年1月15日に小誌が質問書をラブリ側に送付した直後、500万円の支払いを申し出ている。

 2つ目は〈資料を全て提示し事情もご説明しました〉〈こちらの説明や資料は無視され〉という部分。