昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

毎日新聞で「ミラクルな紙面」を発見 「もはや野党とは言えない」与党に接近、国民民主・玉木代表をバッサリと…

2022/04/19

 ここ1か月の新聞紙面でもっとも可笑しかった出来事を紹介します。こんな質問がありました。

「国民民主党は与党入りするの?」

 毎日新聞「なるほドリ」の質問タイトルでした(3月23日)。なるほドリとは日々のニュースについて質問をする黄色い鳥のキャラクターのコーナー。この日は冒頭からグイグイきた。

「国民民主党が与党に接近しているといわれているね。どういうことなの?」

 なるほドリよ、皆が薄々気づいていることを大声で叫ぶんじゃない。

なるほドリ 毎日新聞社公式サイトより

 回答担当の記者は「政府の2022年度当初予算案に賛成したため、そうした見方が広がっています」「野党が賛成することは通常ありません」「国民民主の賛成は極めて異例です」と答えた。

玉木代表は「明確に野党だ」と主張したが…

 なるほドリは続ける。

 Q どうして賛成したのかな?

 A 国民民主は原油価格が高くなった対策として、ガソリン税を軽くする「トリガー条項」の凍結解除を主張しており、同党によると、玉木雄一郎代表に岸田文雄首相が凍結解除を約束したというのが大きな理由です。

 なるほドリはさらに問う。「凍結解除は実現しそうなの?」「本当に与党入りするの?」

 ああ、もうやめてあげて。

 この「難問」について記者はどっちにもとれる回答をしていた。

《玉木氏は「明確に野党だ」と与党入りを否定しており、首相も「与党の枠組みは今後も変えるべきでない」との立場です。ただ、与野党内では「夏の参院選後に連立入りするのでは」という観測が出ています。》