昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

藤子不二雄Aの記憶「高給すぎてアシスタントが辞めなかった」

『怪物くん』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』『笑ゥせぇるすまん』――。数々の傑作を遺し、漫画家、藤子不二雄Ⓐ(本名・安孫子素雄)氏が亡くなった。享年88。

◆ ◆ ◆

「自分が死ぬ事は全然怖くない」

 

「僕は寺で生まれたから、死は常に身近にあった。だから自分が死ぬ事は全然怖くないんです」

 2018年、小誌のインタビューで「老後と死」についてこう語っていた藤子氏。4月7日、神奈川県川崎市内の自宅で倒れているところを発見された。

 富山県氷見市で生まれ、その後転校した小学校で、後に漫画家コンビ「藤子不二雄」を結成する盟友、藤本弘(藤子・F・不二雄)氏と出会う。87年末にコンビ解消を発表したが、96年に藤本氏が亡くなるまで、川崎市内で三軒先に住む“隣人関係”が続いた。

和代さんに惚れ込んでいたが、一方で女性好き

 プライベートでは和代夫人が85年に倒れ、現在も入院治療中。夫の死去は伝えられていないという。夫妻に子はおらず、晩年は姪が食事など身の回りの世話をしていた。藤子氏と長年交友があった出版社「ヒーローズ」代表の白井勝也氏が語る。

「彼は和代さんをとても大事にしていました。惚れ込んでいた。でも、その一方で女性が好き。僕らと酒席を共にしていても、綺麗な女性が隣にいたらどんどん声をかけるんです」

デビュー前は富山新聞社に勤務していた

 デビュー間もない頃の宮沢りえもその一人だった。

「西麻布のお店でたまたま一緒になった時、先生はすぐに我々をほったらかしてりえちゃんの席に挨拶に行って長い時間帰ってこなかった(笑)。交友関係は広く、大橋巨泉さんや吉行淳之介さんとは呑み仲間でした。賑やかな雰囲気を愛していましたが、それは裏を返せば寂しがり屋だったということでしょう」(同前)