昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/26

 あと「生娘」(きむすめ)という言葉に違和感を抱いた人も多かっただろう。特に若い世代では読み方がわからない人もいたのではないか。でも知らなくてもいいんです。その理由をスポーツ報知の野球コラム「仙ペン」が書いていた。

《「生娘」も悪代官的でセンスを疑われるけど、》(4月20日)

 そう、時代劇の悪代官しか使わないので知らなくても大丈夫です。テストにも出ないから安心してください。それにしても伊東正明氏はまだ40代だがこういうカギカッコ付きの「おじさん」は年代問わずに棲息するんだなぁと痛感する。

その場のウケを狙う「おじさんの持病」

 興味深い証言もある。伊東氏を勉強会に呼んだことがある業界団体の幹部は「(当時は)話が面白く好評だった。こんなことになり驚いている」と話していた(信濃毎日新聞4月20日)。この証言に納得した。その場のウケを狙うがあまり、差別や偏見さえ“おもしろ”として発動するのは、昨年の森喜朗先生の「わきまえている女性」発言などからもわかるように「おじさん」の代表的な持病なのである。

「わきまえている女性」発言が問題になった森喜朗 ©文藝春秋

 この信濃毎日新聞記事の見出しは「ジェンダー配慮 企業の対策急務」「女性管理職少ない風土も影響か」。

《吉野家と吉野家HDも取締役のうち、女性は社外出身の1人だけだった。多様な価値観の尊重は、多くの企業に共通する課題でもある。》

 やはりこの点にも行き着くのだろう。

 あと若い女性を早く牛丼中毒にしないと「男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」という部分もギョッとします(結局ぜんぶギョッとするのだが)。

「まるで自社の牛丼がおいしくないかのような言い方で、ファンに非常に失礼」というコンサルタントの感想もあった(朝日新聞4月20日)。

z