昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/12

 超高級ホテルに勤める私の知人によれば、超高級ホテルにとっては、ただ泊まるだけならばこんなにありがたい話はないという。特にこうしたホテルに憧れて、背伸びをして予約してくる客の多くは宿泊するだけで、ほかに何のサービスも要求せず、朝は近くのコンビニで買ったおにぎりを食べてチェックアウトするのだそうだ。

 ただ寝るだけならば、1泊で何万円もの大枚をはたくのは、ホテル側からみればカモな客だ。

「超高級ホテルを使いこなす」とはこういうこと

 超高級ホテルを使いこなすには、チェックインをしたら荷物はボーイに運んでもらう。これはあたりまえ。案内をしてくれたホテルマンにはシャンパンとアイスボックスを部屋まで届けるように頼む。夕食時にはコンシェルジュに電話。今夜はインド料理が食べたいのでお勧めのインド料理店の予約を指示。ホテル外のお店なら当然リムジンカーを手配。ホテル帰館後は最上階のバーラウンジでコニャックを、最上のチーズを添えて。ターンダウン後のベッドで寛ぐ前に軽い夜食かデザートまたはチョコレートを部屋まで所望。連れに誕生日などのイベントがある場合にはサプライズケーキを部屋に届けさせ、バースデイソングを歌わせる。翌日の朝食はもちろんルームサービスで、細かく時間も指示。できれば卵の焼き加減やフルーツを多めになどの希望を。翌日のミュージカルの手配もよろしく。え? もちろん1泊じゃだめだ。できれば3泊くらいして、帰りは地下鉄ではNG。ハイヤーかタクシーを呼んでホテルマンに恭しくお辞儀をされながらホテルを後にする。ここまでホテルマンを使いこなすことができれば超高級ホテルに泊まる意味があるという。

 いつも恭しく振舞っているホテルマンたちだが、実はよーく客を見ているのだ。ホテル業界恐るべしである。

2021年「ビジネス部門」BEST5 結果一覧

1位:台風の夜は宿泊価格を徹底してコントロール、お客さまには美辞麗句を並べまくる… 元幹部が明かすホテルマンのしたたかな“戦略”
https://bunshun.jp/articles/-/53863

2位:「勘弁してください、隣にいる保科は愛人じゃないです(笑)!」 撮影は自社スタジオ、構成や演出は社長プラン、商品は低価格…通販会社・夢グループの“ゆるいCM“のナゾ
https://bunshun.jp/articles/-/53862

3位:「義務教育ってムダじゃないですか?」中学生で月収1000万円、家は58階建てタワマン最上階《17歳YouTuberを直撃》
https://bunshun.jp/articles/-/53861

4位:実はまったく「らしく」ない…スーパー観光都市の玄関口「京都駅」には何がある?
https://bunshun.jp/articles/-/53860

5位:母親には「彼氏とビジネスやってる」と説明 月収1000万超、20代のカップルが“アダルト動画配信”を始めたわけ
https://bunshun.jp/articles/-/53859

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z