昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈ツイッター社買収〉子供は8人、プーチンに宣戦布告…“絶口調”のイーロン・マスクが娘につけた「キラキラネーム」

 25日、米ツイッター社は、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)による買収提案に合意したことを発表した。買収金額は440億ドル(約5兆6000億円)となる。

 ツイッターのフォロワーは8300万人にも上るマスク氏。最近ではロシアのプーチン大統領に“宣戦布告ツイート”をするなど、その強気な姿勢が話題になっていた。“世界一の富豪”と言われるマスク氏の“絶口調”ぶりや、妻、子供について報じた「週刊文春」の記事を公開する。(初出:週刊文春  2022年3月31日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

ロシアのプーチン大統領に“宣戦布告”

 テスラ社のイーロン・マスクCEO(50)が“絶口調”だ。3月14日、

「私はウラジーミル・プーチンに一騎打ちを挑みます。ウクライナを賭けて」

 と、ツイッターでロシアのプーチン大統領に“宣戦布告”。フォロワーに本気かと問われると、「真剣です」と即答した。ツイートには39万「いいね」が付き、ロシア政府のツイッターにも「この戦闘に同意しますか」と送り付けたのだ。

総資産は約2450億ドルと世界一

 実はロシアの侵攻当初から、マスク氏はウクライナへの支援をし続けている。

「保有している通信衛星を使ってネット環境をサポート。国際社会の情報収集・発信を後押しし、ドローンを使った最新の戦争にも役立っている。また破壊されて電力供給が途絶えた街にはアダプター、ソーラー電池などを送った」(米紙記者)

 それゆえウクライナのDX担当相はマスク氏に呼応して、「プーチンを木星に送りましょう」とツイート。一方、親ロシアのチェチェン共和国の首長が「弱小マスク」を鍛えてやるよと挑発すると、「私が有利になりすぎてしまいます」と軽くいなしたのだ。

 プライベートでも話題に事欠かない。昨年まで付き合っていた歌手・グライムスとの間に、二人目の子が生まれたばかり。彼は最初の妻との間に6人の子を儲けており、8人目の子供となる。

 彼は少子化に危機感を抱いている。昨年12月のイベントでも、温暖化への懸念から、人口が減った方がいいとする考えを否定し、

「世界には人が足りない。少子化が文明の滅亡を招く」

 と熱弁を振るった。自身が子沢山なのも「有言実行だ」と語っている。