昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベルトではなく、壁に1つだけ飾っているもの

――IWGPタッグチャンピオンになって、新日本プロレスの"支配"が一歩近づいた感覚はありますか?

オーカーン まだ余は一番ではない。そんなにプロレスも甘くねえ、IWGP世界ヘビー級チャンピオンもいるしな。余の方が弱いとは思わんが、ベルトを持っている奴が一番ってのはプロレスにおいて絶対のルールだ。

自らの王宮にベルトは飾っていない

――IWGPタッグのベルトはご自宅に飾られているのですか?

オーカーン 自宅じゃなくて王宮、な。ベルトなんか飾るわけねーだろ。余の王宮には何やらメダルやトロフィーが数多くあるのだが、飾ってるものは1つもない。過去の栄光にこだわっても仕方ないし、そんなもの飾るくらいならアニメのポスターを張りたいくらいだ。ただ、今は1つだけ目立つところに飾っているものがある。

――何かのメダルですか?

オーカーン いや、今回のことで渡された感謝状を、壁の一番目立つところに飾っておる。余がいつか道を踏み外しそうになったり、信念を曲げそうになった時も、あれを見れば自分の心を取り戻せそうな気がしてな。辛い時がきても、信念を貫けば誰かが見ていてくれる、そんな気持ちにさせてくれるものなわけだ。帝国民にとってそういう存在に余がなれれば、余はさらに幸せ者じゃ。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z