昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「むしろ余が本当に頑張ったのはそこからだな」女児を救出したグレート-O-カーンが挑んだ5時間の事情聴取と、“正直気持ちよかった”出来事

#1

 武蔵小杉駅で酔った男に絡まれていた10歳の少女を救出して、一躍ヒーローになった新日本プロレスのグレート-O-カーン選手。

 辮髪に長いひげの異様な風貌で2018年にイギリスのプロレス界に登場し、2020年に新日本プロレスを"支配"するべく来日した「偉大なる王」。リング上での極悪非道のヒールっぷりとは裏腹に、好きなものはアニメとスイーツ。4月9日にはIWGPタッグ選手権試合で勝利し、新日本プロレスのリングで初めてのベルトも獲得している。

 今もっとも注目されるレスラーは、一体何者なのだろうか。

◆◆◆

――事件の反響はそろそろ落ち着いてきましたか?

オーカーン 余は別に大したことはしておらんのだが、騒がれすぎてしまったな。もう過去の話だ。

新日本プロレスのグレート-O-カーン選手 ©松本輝一

「美味しいもの食べたんですか? てかどこ住みですか?」

――女の子を助けた顛末がニュースで簡単に紹介されていますが、ぜひもう少し詳しく聞かせてもらえませんか。

オーカーン ふむ、よかろう。あの日は夕食を終えて武蔵小杉駅でトイレに行こうとしていたのだが、後ろから違和感のある声が聞こえてきてな。なんじゃ? と思って振り返ると、男が「いいから、いいから」と怒気を含んだ声を放ちながら、幼子の肩を引っ張っておった。一瞬は親子喧嘩かと思ったが、その女の子が泣きながら「やめてください! やめて、やめて」と言っている。そして余の目を見て「助けてください」と言うのを聞いた瞬間、体が勝手に動いた。条件反射というやつじゃな。

――男を取り押さえたのですね。

オーカーン 気づいたら幼子と男の間に割って入って、男の左脇を差してホールドしていた。余は並はずれた反射神経を持っているからな。しかし男を見て刺激しない方がいいとピンと来たゆえ、「何してるんですか?」と敬語で話しかけた。答えないので幼子に「この人はお父さん?」と聞くと「違います。お母さんがトイレに入っていて、待ってる」と。それで、ああ狙われたのだなとわかった。

トレードマークの「牙」とIWGPタッグのベルト ©松本輝一

――男を取り押さえながら、女の子への配慮も忘れなかった。

オーカーン そうじゃな。左手にパイを持っておったから、右手しか使えなかったが、1人取り押さえるくらい片手で十分。なんなら右手でホールドしたままパイ食ってやったわ。男は酔っぱらっている様子だったから「美味しいもの食べたんですか? 近くに美味しいお店あるんですか? てかどこ住みですか?」ってナンパみたいなことをしてたぞ。

――(笑)。どんな反応でしたか?

オーカーン その時はまだ男も意識があってな。「なんだお前、関係ねーだろ! どけどけ」と懲りずに幼子に近づこうとしていた。動けるようになった幼子が女子トイレに逃げ込んで助けられたのはよかったが、俺とおっさんはずっとハグ状態だ。むさい男と酔っ払いのおっさんが抱き合ってるんだから、通りかかった奴から見れば訳わからない状態だっただろうよ。

z