昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「“陰の者”だったが『パリピ孔明』のおかげで…」グレート-O-カーンがアニメで学んだ“かっこいい”生き方と理想のヒール像

#2

 辮髪に長いひげの異様な風貌……酔っ払いの男から女児を救ったことで注目されたプロレスラー、グレート-O-カーン選手。新日本プロレスの侵略を目論む「偉大なる王」である一方で、VTuber由来の必殺技「大空スバル式羊殺し」を得意とし、警察に協力したのは「ハコヅメ」の影響と公言するオタクの顔も併せ持つ。

 ツイッターでは次々と女体化イラストが投稿されるオーカーン選手に、そのオタクライフを聞いた。

◆◆◆

――オーカーンさんは「ハコヅメ」の話をアツくされていましたが、アニメはいつから好きなんですか?

オーカーン 余は2018年にグレート-O-カーンとして誕生する以前の記憶を失っているから具体的なことはよく覚えていないのだが、「スクールランブル」(2004年放送開始)という作品はなぜだか心に沁みついている。余の王宮にはアニメDVDも、ゲームも、漫画も、漫画の限定版も全部揃っておる。当時はテレビのゴールデンタイムのアニメというと少年誌系の熱い作品が主流で、ヒロインがたくさん出てくるラブコメは珍しかった。しかも登場人物が全員可愛い。……すべては余が生まれる前のことだがな。

グレート-O-カーン選手。スーツの上からでも鍛え上げられた体の大きさが伝わる ©松本輝一

女の子を助けられたのも「アニメのヒーローのおかげ」

――オーカーンさんがイギリスでデビューしたのが2018年、日本に上陸したのは2020年ですよね。

オーカーン イギリス時代は日本のアニメが見られなくて本当にキツかったが、途方に暮れていた余を救ってくれたのがVTuberだった。最初にハマったのはキズナアイだな。アニメは作品の中で流れている時間を見ることしかできんが、VTuberは会話ができて話せば話すほどに性格やヒストリーを知ることができる。これこそオタクが長年求めていた存在だと思ったわ。

4月9日には新日本プロレスで初のベルトを獲得 ©松本輝一

――得意技「大空スバル式羊殺し」もVTuberの大空スバルさんから来ています。アニメやVTuberの影響を受けている部分は大きいんですか?

オーカーン うむ。余の生き方がかっこいいとすれば、それはアニメを見てきたおかげと言っても過言ではない。武蔵小杉駅で幼子をとっさに守れたのも、アニメのヒーローたちの行動が染みついているからだ。世の中では悪いことをした奴の家にアニメグッズがあると「オタクが事件を起こした」と騒ぐが、いいことをした時も出して欲しいものだ。