昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「殺すぞ、てめえ!」「ふざけんじゃねえよ」"かかと落とし”で女性死亡 逮捕の52歳容疑者が連日起こした「深夜の飲酒トラブル」とは?

genre : ニュース, 社会

「『殺すぞ、てめえ!』という怒鳴り声が深夜に聞こえることもありました。イヤホンをつけて音楽を流していても耳に入るほどの声量でした。外見も見るからに“輩”で愛想が悪く、事件があったと聞いて『やっぱりな』というのが正直な感想です」(近隣住民)

 千葉県東金市の閑静な住宅街で悲劇が起こったのは、GW中の5月5日未明のことだった。

 千葉県警は同日、知人の60代の女性の頭に“かかと落とし”をして怪我を負わせたとして、無職の並木正容疑者(52)を傷害容疑で逮捕した。怪我をした女性はその後、搬送先の病院で死亡し、千葉県警は傷害致死の疑いも視野に入れて捜査している。社会部記者が話す。

かかと落とし事件の現場となった被害者のアパート ©文藝春秋

「並木容疑者は被害女性宅で、もう1人の女性と3人で“宅飲み”していました。逮捕時にも並木容疑者は酔っ払っており、被害女性と口論になった末、頭に何度もかかと落としをしたようです。犯行後、その場にいた別の女性が約1km離れた交番に駆け込み、事件が発覚しました。警察官が駆け付けた際、被害女性に意識はあったものの、会話ができないほどの怪我を負っていたようです」

並木容疑者は“ザ・昭和のヤンキー”という感じ

 並木容疑者が現在の住居に引っ越してきたのは今年冬。その頃から事件の萌芽はあったようだ。

逮捕された並木正容疑者 FNNプライムオンラインより

「並木容疑者は身長が190cmぐらいあって、ガタイもよく、態度も威圧的でした。髪型はリーゼントで、よくヒョウ柄の服や虎の刺繍が入ったジャージを着ていましたね。肩で風を切ってガニ股で歩く、“ザ・昭和のヤンキー”という感じです。『今の時代にもまだこんな人がいるんだ…』と驚くほど、コテコテのファッションでした。昼も夜もプラプラしているので、何の仕事をしているのか不思議に思っていましたね」(前出・近隣住民)