昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ぶりっこ」「ディズニー来るな」と言われても…元ショップ店員の女性がチャンネル登録者50万人のディズニー好きYouTuberになれたワケ

ディズニー好きYouTuber・あいにゃんさんインタビュー #1

 東京ディズニーリゾートやディズニーグッズなどの情報を発信するYouTubeチャンネル「AINYANTUBE(あいにゃんちゅーぶ)」。運営しているのは動画にも出演しているあいにゃんさんだ。

 以前はショップ店員や読者モデルの仕事をする傍ら、毎日ブログを更新する生活を送っていたが、ある時からYouTubeに動画を投稿するようになり、今では50万人のチャンネル登録者が更新を心待ちにするディズニー好きYouTuberとなった。

 2021年5月には、動画にも度々出演しているパートナーのこーちゃんさんと結婚。あいにゃんさんの現在の活動について二人に詳しく話を聞いた。(全2回の1回目/後編を読む

ディズニーYouTuberのあいにゃんさん ©佐藤亘/文藝春秋

◆◆◆

「ディズニーなら続けられる」

――ブロガーとして人気があったあいにゃんさんがYouTubeを始めたきっかけは?

あいにゃん ブログでもファンになってくださった方がいたんですけど、会う方会う方に「あいにゃんはやっぱ動いてる方がいいよ」「動いてる姿を見る方が元気になる」って言っていただいたのをきっかけに始めました。あと、こーちゃんもYouTubeが流行る前からずっと「動画をやった方がいい」って言ってくれてて。でも、私のハイテンションさをYouTubeで出すのは不安だったので、始める1歩を踏み出すまで本当に時間がかかりました。

――YouTubeでは主にディズニー関連の動画を投稿されていますよね。

あいにゃん 最初はいろいろなことをやろうと思っていたのですが、始めたばかりはアンチコメントが多くて、心が折れかけてしまったんです。ただ、そんな辛い中でも、大好きなディズニーの動画を出した時はアンチコメントが来ても耐えることができたので、「YouTubeを続けられるのは大好きなディズニーのことだ」ということに気づいた感じです。

©佐藤亘/文藝春秋

――YouTube動画の企画はどんな風に考えているんですか?

あいにゃん 基本は二人で話し合って、この企画は見てるみんなが楽しめるかなっていうのを基準にどんどんアイディア出ししています。その軸と、あとはファンの方と一緒にチャンネルを作るというのも大切にしてきている部分なので、ファンの方から企画を募集したりしてて、この2軸で動画を作ってます。

 ボツ企画も結構あるんです。撮っても、これみんなが求めてる内容じゃないね、って。面白いって思えなそうだったら全部ボツにしちゃってます。

――どういう動画がボツになるんでしょうか。

z