昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

「木村さんの2ndアルバムに収録されている『I'll be there』はKamikaze Boyさんが提供した楽曲。1月5日にミュージックビデオが公開されましたが、Kamikaze Boyさんも撮影現場を見学していましたよ。木村さんとの2ショット写真も撮影現場を取材していたメディアで公開されていました」(同前)

Kamikaze Boyには妻子が…一緒にいた女性は何者なのか

 バンドの枠を超えた活躍をみせるKamikaze Boy。冒頭のシーンでは“素顔”で女性と仲睦まじく寄り添い合っており、当初は人気バンドマンの熱愛かと思われた。

店員に見送られながら店を出る2人。女性は「お腹いっぱい」という風にお腹をさすり、時折笑顔を見せKamikaze Boyと会話しながら歩いていた ©文藝春秋 写真/上田康太郎

「彼には妻子がいるはずです」

 こう明かすのは、Kamikaze Boyの知人だ。取材班が撮影した2ショット写真を見せたところ「写真にうつっている女性は奥さんではない」という。

「Kamikaze Boyさんは10年以上前に結婚をしています。一戸建ても購入していて、奥さんや子供と暮らしていますよ。結婚に関して隠すこともなく、指輪をつけてライブに出ていることもありました」

 ではこの女性は一体何者なのか――。

 別の知人にも、Kamikaze Boy と共にホテルに入った女性の写真を見せた。するとこう証言するのだ。

「彼女はA子ですね。20代後半のメディア関係の会社に勤める会社員ですよ。インスタグラムのフォロワーも多く、たまにモデルの仕事もしています。A子もKamikaze Boyさんが家庭を持っていることを知っているので、不倫関係であることはよくわかっているはずです」

ホテルへと向かったKamikaze Boy。“狼”の素顔はやはり肉食だった ©文藝春秋 写真/上田康太郎

2人の関係は2年ほど前から

 この知人によると「A子はKamikaze Boyと定期的に会っている」うえに、マンウィズのライブにも顔を出していたことがあるという。

「A子をライブのゲスト枠で招待していることも頻繁にあります。Kamikaze BoyさんはA子とホテルで会うことがほとんどじゃないですかね。A子の誕生日を祝ったこともあったようです」(同前)

 A子さんとKamikaze Boyの関係はここ最近始まった話ではないという。

「2人の関係は、2年ほどは続いていると思います。A子さんのインスタグラムには、超が付くほどの高級店での写真がたくさん投稿されています。全てとは言いませんが、Kamikaze Boyさんに連れて行ってもらうことが多いようです」(同前)

 5月9日、文春オンライン取材班は自身が経営するライブハウスから出てきたKamikaze Boyに直撃。A子さんとの関係について聞いた。

z