昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《中西アルノ・岡本姫奈騒動の余波》「活動を辞退したい」乃木坂46の5期生メンバーが運営に直談判

《岡本姫奈、中西アルノは、4月27日(水)の第2回「5期生お見立て会」出演をもって活動再開とさせていただきます。活動自粛に際しまして、多くの皆様にご心配とご迷惑をお掛けしましたことを改めてお詫び申し上げます。》

 4月9日、乃木坂46の公式サイトで5期生の中西アルノ(19)と岡本姫奈の活動再開が発表された。

 中西は、グループ加入直後にもかかわらず3月23日に発売された乃木坂46の新曲「Actually...」でセンターに抜擢されたが、グループ加入前に個人撮影モデルとして活動していた時期のSNSや写真が次々流出した。中には男性との食事や個室でのカラオケ写真など親密さを窺わせるものも存在し、“パパ活疑惑”まで浮上していた。

中西アルノ 公式HPより

 岡本は乃木坂加入発表以前から「新加入メンバー」として名前がSNSなどで流れた。岡本のアカウントと見られるSNSも発見され、当時未公開だった楽曲映像や他の5期生メンバーが映った動画や写真などが投稿されていたことが問題になった。

「グループ加入前の行動は問題にしない」のが坂道グループの原則だが、炎上が拡大したことから中西は3月3日、岡本は18日に活動自粛となっていた。

『Actually...』の特典として封入の写真での岡本姫奈

活動再開は“最初から既定路線”

 そのまま乃木坂としての活動を辞退するかはたまた復帰かと2人の進退が注目されていたが、最終的には4月27日から活動を再開することになった。事務所関係者は、今回の活動再開について“最初から既定路線だった”と明かす。

「坂道グループは、メンバーの加入前の行動に関しては法律に触れるもの以外は基本的に不問で、今回もそれは同じです。ただ次から次へと写真やSNSが発見されて炎上の収拾がつかなくなったことで運営側が急遽本人に事実確認と活動自粛の相談をもちかけ、騒動が下火になるまでの活動自粛が決まりました。中西や岡本自身のモチベーションが心配でしたが、運営としては基本的には1~2カ月ほどで収まるだろうという読みがあったようです」