昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/18

《外苑は、明治天皇と昭憲皇太后の遺徳をしのぶため、国民からの寄付、献木、勤労奉仕という民間の力で整備されたことなどを踏まえ、神社界には「創建時の趣旨とは違う形で変貌する」と再開発に否定的な声もある。》

 こういう歴史と伝統を大切にするのって、保守派を自認する方こそ声を上げるべきだと思う。森喜朗をはじめ、保守派の人たちは一体何をしているの?

©iStock.com

“東京五輪の影”を感じてしまう

 明治神宮外苑の再開発は、東京五輪がどうしてもセットに見えてくる。そして私の頭の中には、こんな見立てが浮かぶのである。

 東京五輪招致(新国立競技場の建設)は外苑地区再開発の“アリバイ”として使われたのではないか?

 五輪招致の「真の目的」とは何だったのか。「樹木約1000本を伐採」のニュースを見て、あらためて疑問に思った。

 では、東京都はどう対応すべきか。次の見出しが、全てではないだろうか。

『「先見の明ある先人の財産 残すのが賢明な街づくり」 外苑伐採 都民から再考求める声次々 都が「意見を聴く会」』(東京新聞・4月16日)

 ほんとうに「保守派」は何をしているの?

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z