昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松阪名物・黒毛和牛の「モー太郎弁当」がすごかった…「弾丸フルムーン」12日間の旅【準備~3日目編】

#4

2022/06/12

 前回、7日間用のJR「フルムーン夫婦グリーンパス」(以下「フルムーンパス」とする)を利用して、「新幹線全線乗車&駅直結ホテル旅」をした。

 鉄道ファンの私はもとより、“非鉄”(鉄道ファンではない)妻もすっかりこの旅にハマってしまい、今度は12日間用をゲットすることに。前回は新幹線全線乗車がテーマだったので、今回は「在来線特急&バラエティに富む駅近ホテル」にフォーカスするぞと意気込む。フルムーンパスの利点はグリーン車に乗れるということ。在来線といっても“グリーン車が連結された列車”への乗車が基本となる。

◆ ◆ ◆

12日分の切符58枚、1時間で発券完了

【準備~出発】

 閑散期を狙うという意味でも3月下旬の春休み前までには旅立つべく、2月のある日、前回と同じ自宅近くのJTBへ出向いた。7日旅の際には38枚の特急券・クリーン券を同時発券となったが、今回は12日間の旅ということで58枚の発券。

 大増量だが、まずは予定表通りすべて発券してもらい、変更したい場合には現地のみどりの窓口で相談がベターという段取りは前回得た教訓だ。さらに今回は、別途追加料金も支払ってフルムーンパスでは乗れない列車・座席も組み入れることに。こちらも前回学んだことだが、万が一の払い戻しの際に当該店舗でなくてもできるように、今回もクレジットカードではなく現金で購入した。

圧巻の58枚

 発券後1枚1枚日付・列車名・行き先・座席番号を読み上げて渡して下さるのは前回同様。58枚ともなれば読み上げには時間を要すが確認は必須だ。今回は2枚の誤発券を発見。まだまだ旅行ムードとはならない時世もあって空いている店内だが、それにしても計1時間ですべての手続き完了とは素晴らしい。

 ここでフルムーンパスについておさらいしておく。

●2人の年齢を合わせて88歳以上の夫婦が対象(どちらかまたは双方70歳以上の場合は安価なシルバー用もあり)。
●JR線のグリーン車(のぞみ・みずほなど一部の列車を除く)が自由に乗り降り可能。
●利用期間は(今季の場合)2021年10月1日から2022年6月30日まで(正月やGWなど除外期間あり)。
●5・7・12日間用があり有効期間はそれぞれ連続する5・7・12日間。
●価格は5日間用84330円、7日間用104650円、12日間用130320円(いずれも2人分)。

※その他詳細はJR各社公式サイト参照

z