文春オンライン

《不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹が撮るウクライナの今》「ロシアのナチ野郎、恥を知れ」露軍ミサイルがヨーロッパ最大の広場に突き刺さったまま回復する“戦争の日常”

2022/06/11

genre : ニュース, 国際

英語で「ロシアのナチ野郎、恥を知れ」と…

 しかしこんなもんにも「日時計」以外の役割が担わされることになった。ロシア軍の蛮行を後世に残す記念碑としての役割だ。

鮮血を舌なめずりするプーチン・ロシア大統領とルカシェンコ・ベラルーシ大統領の似顔絵に加え、英語で「ロシアのナチ野郎、恥を知れ」とあった 撮影・宮嶋茂樹

 この朝、だれのしわざかこのミサイルにビラが貼られた。

 そこには鮮血を舌なめずりするプーチン・ロシア大統領とルカシェンコ・ベラルーシ大統領の似顔絵に加え、英語で「ロシアのナチ野郎、恥を知れ」とあった。

ADVERTISEMENT

 世界はすでにウクライナとロシア、どちらがナチだったか十分知ることになったが……。

《不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹が撮るウクライナの今》「ロシアのナチ野郎、恥を知れ」露軍ミサイルがヨーロッパ最大の広場に突き刺さったまま回復する“戦争の日常”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事