文春オンライン

〈再逮捕〉埼玉立てこもり医師銃殺 渡邊宏容疑者がしていた“必死の相談”「三万でもお願いします」と頼んだのは…

 埼玉県ふじみ野市の自宅で無職の渡邊宏容疑者(66)が人質を取って立てこもり、散弾銃で鈴木純一医師(当時44)を殺害した事件。埼玉県警は6月10日、渡邊容疑者を殺人未遂や傷害などの疑いで再逮捕した。

 傷害容疑は認めているものの、殺人未遂については「殺意はない」と一部否認している渡邊容疑者。閑静な住宅街で一体何が起きたのか。凄惨な事件を詳報した「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2022年2月10日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 埼玉県ふじみ野市の自宅に人質を取って立てこもり、散弾銃で鈴木純一医師を殺害した無職の渡邊宏容疑者。

 2020年8月、友人に「タイガーマスクの番組をどうしても観たい。ダビングしてもらえないか」と頼んでいたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

送検される渡邊容疑者

何でも屋とかにも聞いたけど、やってくれない

 渡邊がどうしても観たがったのは、20年8月18日にNHK BSプレミアムで放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点 タイガーマスク伝説~愛と夢を届けるヒーローの真実~」という番組。1980年代に覆面レスラーとして一世を風靡したが、現在は重い病と向き合っている初代タイガーマスク・佐山聡の葛藤を描くドキュメンタリーだ。

渡邊容疑者 ©文藝春秋

 渡邊は友人にこう相談した。

「何でも屋とかにも聞いたけど、やってくれないんだよ。何か伝手ないですか」