文春オンライン

「見捨てられた」脳性まひの子供“補償金" 受けられず苦しむ家族 廃止された基準に翻弄され【兵庫発】

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 医療

 

出産時のトラブルで子供が脳性まひになった場合に、総額3000万円の補償金が支払われる制度がある。
しかしこの制度があるにも関わらず、補償を受けられずに苦しんでいる家族がいる。
その理由は、今では「医学的合理性がない」と廃止された“審査基準”。
廃止された基準に翻弄される人々の現状を追った。

寝返りもできない…夜中も欠かせない介助

永島祥子さん:
子供の救済を求めて活動しています。よろしくお願いします!

2022年4月、兵庫・姫路市で行われた署名活動。
街頭に立つのは、脳性まひになった子供とその親たちだ。

署名する男性:
何で対象外になったんですか?

署名活動をする女性:
審査があって、その審査に落ちたんです

永島さん:
その審査に医学的根拠がなかったって言われて…

 

姫路市に住む永島祥子さんと息子の嶺君(9)。
嶺君は重度の脳性まひで、生活の介助が欠かせない。

永島さん:
自分で寝返りすることができないので、夜中も何回か私が体位交換をしています。私の方で姿勢を変えてあげないと、ずっとこのままの状態でしかいられない感じ。この子が生まれてから、熟睡っていうのができない

 

永島さんは妊娠30週の時に出血し、緊急の帝王切開で出産した。
嶺君はNICUに入院し、その後、脳性まひが分かった。

 

永島さん:
食事は注入ではなくて口から食べられるんですけど、大きいものは食べられないので。トマトなんかは大きいのは絶対ダメですね、つぶしてあげています。あとは、どろどろのうどんとか。
育児の中で一番びっくりしたのは、固いものを食べられるようになったらそのまま安心と思っていたんですけど、ちゃんと維持していかないと、どんどん悪化したり、できなくなる可能性があるってことを育てて初めて知って

 

出産時のトラブルで脳に重い障害を負った子供を、不安を抱えながら育てる家族。
そんな家族のために補償金が支払われるのが、「産科医療補償制度」だ。
これまでは、「出生体重1400グラム以上で妊娠32週以降に生まれた子供」、または妊娠28週から31週の子供も、個別審査で「分娩時に低酸素状態だった」などと認められれば、総額3000万円の補償金が支払われてきた。