文春オンライン

2022/06/27

genre : ニュース, 国際

「今日も生きてたか?」

「ああ、しぶといぜ」

 全員がスラーバとハグしあったあと、皆に「聞いてたとおり、日本のジャーナリストだ」と紹介された。

指令部の外観や内部の撮影は一切認めらず

 全体の部隊の規模は明かせんが、この宿舎だけで、5人から10人が寝泊まりし、ここの部隊はドローン情報小隊であった。

 そんなウクライナ軍のドローン小隊に不肖・宮嶋当初は2日間従軍を許され、彼らと寝食を共にし、機会あれば最前線まで出向き、弾丸の下をくぐることになる。

 不肖・宮嶋が取材を許されたのはウクライナ軍第93旅団長だったエフゲン大佐、通称「アダム」が指揮を執る第10大隊を基幹に新編された、戦車、砲兵、歩兵部隊を統合した部隊隷下のドローン情報小隊であった。管轄する地域はハルキウ市北東部とロシア国境地帯。司令部、宿舎ともハルキウ市北部の集落にあるが、司令部の外観や内部の撮影は一切認められなかった。

東側のロシア国境近くでは森林の中に身やアンテナ群を隠したまま、ドローンカメラが撮影する映像を、司令部と衛星回線を通じデータリンクモニターを見ながら、敵の探索や射撃誘導を行う 撮影・宮嶋茂樹

 そしてこのドローン情報小隊の任務は国境付近の森林に進出、3機以上のドローンを駆使し、索敵(敵の捜索)、射撃誘導、着弾観測を担う、というまさに統合部隊の目となる最も重要なものとなる。

大きな屋敷の駐車場には、通信気やモニターがズラリ

 ウクライナ軍が使用するドローンにもトルコ製の対地ミサイルまで搭載できる攻撃型、またはそのまま敵陣に突撃する自爆型等あるが、ドローン情報小隊が扱うのは中国製の偵察型。小隊全員がドローンパイロットかつ情報処理の専門家かつ兵士でもある。

任務は日没まで続く 撮影・宮嶋茂樹

 主なメンバーは小隊長のユルゲン、ここまで案内してくれたスラーバ、陽気なマックス、冷静なほうのもう一人のマックス、一番若い、いつもイヤーマフを手放さない変わり者のジェイナであった。

「さあ、遅くなる。夕食食おう、指揮官がいれば、紹介する」

 ユルゲンの案内で宿舎をでる。村中真っ暗、灯りが一切ない。しかしそのかわり降ってくるような星空である。その星明りと赤いフィルターをかけたフラシュライト(軍用懐中電灯)だけを頼りに草深いあぜ道や砂利道を歩くこと数十分、警備の歩哨が立つ、宿舎より二回りほど大きな屋敷に着いた。金属製のドアを開け中に入ると中2階に上がる階段、そのわきにドアを押し開けるとクルマ3台は入りそうな駐車場。それが今薄暗いなか、机や椅子が並べられ、その上には通信機器やモニターがズラリ並んでいた。中にはいったユルゲンがすぐ出てきた。

「指揮官は出てる。紹介はまた明日だ。早くメシにしよう」

 ここが司令部であった。