昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

白血病の五男が「俺が死んだ時のために、映像を残しておいた方が」と…熊本の岸大家族が語る、密着取材の裏側〈12人大家族〉

岸大家族インタビュー#3

 熊本県民テレビが20年以上追い続けてきた7男3女の岸家。自宅の全焼や2016年の熊本地震、妻・信子さんの緊急入院など、次々と困難に見舞われても、家族で乗り越えてきた。そんな21年間のテレビドキュメンタリーを、開局40周年を記念して同局が劇場上映に向け取材・再編集し、初の映画「人生ドライブ」の公開に挑んだ。

 妻の信子さん、夫の英治さん、そして監督の城戸涼子さんに、これまでの子育てや密着取材について話を聞いた。(全3回の3回目/最初から読む

2020年10月の結婚記念日のデート 映画『人生ドライブ』より © 2022 KKT 熊本県民テレビ

◆◆◆

岸家のルール「約束したことは必ず守る」

――岸家のドキュメンタリーを見ていると、厳しくするところは厳しくする点が印象的でした。やはりメリハリは大事なのでしょうか。

信子 子どもの頃に母から、「ちゃんとしないならもう何もしてあげない」とか、「静かにしなきゃおもちゃ捨てるよ」って言われることがあったんですが、「そんなこと言っても本当にはやらないでしょ」って、子どもながら見抜いていたんです。実際に母がおもちゃを捨てたことはなかったし、言ったことを行動に移すことってなかったんですよね。

 でも、母親になってからそれって子どもにとって良くないなって思って。子どもたちと約束したことは必ず守るようにしていました。みんなでレストランに行った時に、「ここは他にもお客さんがいるからうるさくしたらダメよ。もしうるさくしたら帰ります」って約束して。でも、子どもたちはうるさく騒いだんです。料理が来たばっかりだったんですが、「お母さん約束したよね。帰ります」って言って、食べずに帰りました。

2001年11月、末っ子(第10子)不動くん出産の日のシーン。信子さんは3人の娘を立ち会わせた(左下)三女・種恵ちゃん、(奥)二女・愛実ちゃん 映画『人生ドライブ』より © 2022 KKT 熊本県民テレビ

英治 子どもたちにとっては悲しいかもしれないけど、それからは約束したことは守るようになるんですよ。約束を破ると本当に帰るんだってことがわかると、もうしなくなるんです。親も子どもに対して誠実に接するのは重要だなと思いました。

 僕も一度子どもを叱った時に「庭の松の木にくくりつけるぞ~」って言ったんです。そしたら家庭内の個人面談の時に信ちゃんから「うちには庭はありません。それに松の木もありません。できないことを言わないでください」って(笑)。その時は反省しました。

――たしかにお二人とも常に、子どもたちと誠実に向き合っている姿が印象的です。

信子 そういったシーンは今年公開された映画にも収録されていて、多くの方から反響をいただきました。

英治 まさか我々の日常が映画になるなんて驚きましたね。

z