昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本中の女子のお世話してます」“BL界の帝王”森川智之が語る、色気を感じさせる演技の意外なヒケツとは

『声優 声の職人』より#2

2022/07/17

『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし(2代目)をはじめ、『遊戯王』の城之内克也や『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉など、数々の人気キャラクターを演じてきた声優・森川智之さん。

 ここでは、森川さんが声優という仕事の本質について語った一冊『声優 声の職人』より一部を抜粋。“BL界の帝王”と呼ばれるほどに数多く出演してきたBLCD、女性向けシチュエーションCDにまつわる森川さんの演技論を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む

 

◆◆◆

BL界の「帝王」

 オーディオドラマには様々なジャンルのものがありますが、中でも男性同士の恋愛を描くBL(ボーイズラブ)作品には数多く出演してます。おかげでBL界の「帝王」という異名ももっているくらいです。

 BL作品はいまや女性を中心に幅広く受容されていて、限られた人たちだけが楽しむマニアックな趣味ではなくなっています。たとえば、僕も出演した『純情ロマンチカ』というアニメ作品は3期にわたって放送されていますし、その原作者である中村春菊さんの刊行作品は累計で1300万部をこえるほどの人気を誇っています。

DVD『純情ロマンチカ3』第4巻/2015年/KADOKAWA/6160円

 BLファンの裾野がここまで広がった要因の一つとして、BL小説・マンガを原作としたオーディオドラマがCD化されて販売され、人気を博したことがあると言われています。

 いまやBLのドラマCD(BLCD)は声優人気を支える一つのコンテンツですが、かつてはちがいました。出演したくないという声優がたくさんいたんです。あるいは芝居はするけれども名前を隠して出演するという声優もいました。

 その理由ははっきりしています。ボーイズラブというくらいですから、多くの作品に、男性同士でのセックス描写が存在するからです。それを原作通りにオーディオドラマ化するわけですから、男性声優同士で濡れ場を演じることが必要となります。

 でも僕は昔から、それこそボーイズラブという言葉が生まれる前に「やおい」と言われていた時代から、積極的に出演してきました。その頃は、CDではなくカセットテープでしたね。今はもうなくなってしまいましたが、ダイヤルQ2(NTTが提供していた有料音声サービス)もやっていました。

 なんといっても当時は、プロの声優が演じる場そのものが少なかったんです。だから、声優が活躍できる場が増えるのはいいことだと考えていましたから。数えたことはないですが、おそらく出演数は日本で一番多いのではないかと思います。また、インターネットのまとめサイトによると、僕がもっとも多くの男性声優の「初めて」を奪った声優になるそうです(笑)。

z