昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/07/17

韓国からJ-POPアイドルの道へ…ファーストペンギンの不安

――K-POPに憧れて韓国へ渡り、K-POPアーティストになる日本人は増えていますが、SOLIさんのように、J-POPが好きでJ-POPアイドルになった人って、ほとんど居ないのでは?

SOLI そうですね、私みたいなケースはないと思います。自分が初めてのケースだと考えると、方向性もよく分からなくて最初は不安でしたが、始めてみると思ったよりも適応できて、メンバーも事務所もすごく親切で、今は楽しくやれています。

SOLIさん(ディアステージ提供)

――韓国でデビューする日本人たちと似たような境遇かと思うのですが、彼ら彼女らのことはどんなふうに見えていますか?

SOLI 韓国人としても、外国で活動するアーティストとしても、本当に尊敬しています。K-POPのアーティストになることは、韓国人ですら相当難しくて厳しいのに、外国から来て職業にするということは、アイドルに限らずとも寂しくて大変なことだと思います。それを乗り越えて、高い目標を達成したということに、心から尊敬しますし、私もそんな覚悟を持っていたいと感じています。

――特に注目している日本人メンバーはいますか?

SOLI TWICEのサナさんって、とてもしっかりしたマインドを持っているので、私もそうなりたいと思います。パフォーマンスでは最近話題のBillieのツキさん、すごいですよね。ステージに臨む姿勢が私も学ぶべきだと思って、一生懸命見ています。いつかK-POPの皆さんとも、一緒にお仕事できる機会があればうれしいです。

z