昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/07/17

オーディションの際は、あえて東京に飛んだ

――だからJ-POPもバンドから好きになったんですね。そして『でんぱ組虹コンJr.メンバー募集オーディション』の開催が2019年2月でしたが、当時は学生ですよね? どうして受けようと思ったのでしょう。

SOLI オーディションを受けたときは高2~3の年でした。ステージで歌ってみたいという夢があったのと、当時でんぱ組が大好きで、オーディションを受ければメンバーに会えると思っていたんです(笑)。メンバーに会いたい目的半分、真剣に歌手になりたい思い半分で志願しました。

 オンライン審査もあったのですが、あえて東京へ直接行ってオーディションを受けたところ、運よく合格したんです。

SOLIさん(ディアステージ提供)

――アイドルのファンとしてだけでなく、ご自身もステージに立ちたいという思いが元々あったと。

SOLI ずっと憧れはありました。カラオケで1時間同じ曲を歌い続けたりとか、一生懸命ひとりで練習していました。養成スクールなどは通っていません。

 音楽の仕事って、安定しないし、才能がある人ばかりという、ハードルが高いイメージで、興味はあったけれど勇気が出せなかったんです。でも、勇気を出してオーディションを受けたことで、こうして音楽を仕事にできるようになりました。

――オーディションを受けたときも、日本語はできたのですか?

SOLI はい。でもオーディションではあまり難しい日本語は使わないので、ある程度の返答ができれば大丈夫でした。合格してメンバーとして仕事をしながら、すごく日本語力が伸びたと感じます。

z