昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/07/17

「アイドルだっていまだに信じてくれない友だちもいます(笑)」

――合格の連絡を受けたとき、どんな気持ちでしたか?

SOLI 私の性格が少し淡泊なほうで、審査は何段階もあったのですが、最後のころには、「これは行けるな……」という感触がちょっとだけありました、雰囲気的に。なので合格を頂く前に、気持ちの準備ができていた状態でした。

――ご両親はどうでしたか? 韓国は学歴社会なので、高3の時点で、進学ではなく異国の芸能界入りを選んだことに、どう反応されたのかなと。

SOLI 両親は開放的なほうなので、やりたいことが全て叶って本当におめでとう、良かったねと喜んでくれました。きっと心配もあったと思いますが、もし日本のオーディションを受けなかったとしても、音楽関係の道を考えていましたし、今は進学より確実に音楽へ集中したい、もし先々学びたい事があれば改めて大学に行くという思いを伝えると、心から私を信じて応援してくれました。

SOLIさん(ディアステージ提供)

――友だちからはどう声を掛けられましたか?

SOLI すごく驚かれて、不思議がられましたね。韓国のアイドルでもなく、日本のアイドルだし、日韓でアイドルのシステムも大きく違うので、私が何をやっているのか知らない子も多くて、いまだに信じていない友だちもいます(笑)。

――2019年に結成して2020年にはコロナ禍となってしまい、SOLIさんはずっと日本で活動を行えていないのですよね?

SOLI メンバーになってから、高校卒業を優先してお休みさせてもらい、2020年の春に日本で活動を始める予定だったのですが、コロナ禍になって行けなくなりました。

――現在SOLIさんは韓国にいながら、レコーディングに参加したり、MVやスチール撮影を行ったりしていると聞きました。具体的にどうやっているのですか?

z