昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《安倍元首相銃殺》「母親が宗教に傾倒し、大病を患う兄が自殺」山上徹也容疑者が自殺未遂に至った“不遇な家庭環境”と事件直前の“悪質レビュートラブル”

#3

「入信した母が破産した後も団体に金を納め続けていたため、許せなかった」(山上徹也容疑者の供述)

 近鉄大和西大寺駅前で8日、応援演説のため壇上に登った安倍晋三元首相(67)が背後から狙撃され、死亡した事件。犯行直後に殺人未遂容疑で逮捕されたのは、現場からほど近いマンションで一人暮らしをする山上徹也容疑者(41)だった。

10日午前9時、奈良西署から奈良地検に送検される山上徹也容疑者。建物を出て車両に乗り込むまでの間、ほぼ無表情で終始俯き加減だった。山上容疑者の姿をおさめようと、署には早朝から100人近くの報道陣が駆け付けた ©文藝春秋 撮影/上田康太郎

事件前の足取りで見えてきた“明確な殺意”

 奈良県警は10日、殺人未遂容疑から殺人容疑に切り替え、山上容疑者を奈良地検に送致した。その後の警察の捜査で、新たにインターネットで部品や火薬を調達して周到に自家製銃を作り上げていたほか、押収した山上容疑者の車から、試し撃ちに使ったとされる複数の穴が開いた木板が発見されたことが判明。犯行前日の7日夜にも、岡山市の応援演説会場付近を訪れ狙撃の機会を狙うなど、決して衝動的とは言えない、“明確な殺意”があったことがわかってきた。

「爆発物の可能性のあるもの」の運び出し。特殊車両が容疑者マンション前に到着し騒然となった。周辺の道路が規制され、通行止めされる市民もいた ©文藝春秋

「政治信条に対する恨みではない」

 それが犯行当初からの一貫した山上容疑者の供述だったが、謎に包まれているのは「ある宗教団体に恨みがあり、元首相と団体がつながっていると思い込み犯行に及んだ」とする動機だ。元首相を殺害するまでに山上容疑者を駆り立てた憎悪とは、一体何だったのか。背景には、幼少期からつきまとう“死の影”があったようだ。

 捜査関係者が話す。

z