昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

芸能生活37年の渡辺美奈代が語る“家族愛”「高校生のとき息子の彼女が働くお店に行ったり、心の準備はできています!」

渡辺美奈代さんインタビュー#3

2022/07/18

 おニャン子クラブのメンバーだった渡辺美奈代さん。おニャン子クラブの解散後は、バラエティーにも挑戦し、志村けんさんの番組にも多数出演しました。現在は妻であり、2人の息子さんの母でもある渡辺さん。芸能生活37年の長きに渡って活躍する秘訣とは――。(全3回の3回目。#1#2を読む)

◆◆◆

「主人の第一印象はチャラそうだなって(笑)」

――現在、結婚されて、2人のお子さんのお母さまでもいらっしゃいます。まず、旦那さんと出会ったきっかけはなんだったのでしょうか?

渡辺:ドラマの現場で会ったのがはじめですね。元々、郷ひろみさんと同じ現場のお仕事のときに会いました。私が25歳くらいだったような。まぁ、今はだいぶ落ち着きましたけど、第一印象はチャラそうだなって思いました(笑)。

渡辺美奈代さん

――アイドルの恋愛は厳しかった時代でしょうか?

渡辺:今の主人と付き合っていた当時、1回くらい写真週刊誌には撮られたかな。でも、基本的には自由にしていたと思います。2人で渋谷に行ったり、映画を観に行ったり、普通に会っていましたね。ただ、付き合って初めての私のお誕生日の時は、仕事の状況的に会うことができなかったので、風船と指輪をバイク便で送ってくれました。

夫は毎朝「おはよう、愛してるよ」と

――その後、27歳のときにご結婚されて、今年で結婚26年目です。

渡辺:去年は銀婚式も迎えてね。今は、朝起きて、うちは犬を飼ってるんですけど、犬に挨拶して日の光を浴びていい気分でいると、夫がスゥッと来て「おはよう、愛してるよ」と言ってくるんです。私も「はいはいはいはい……!」って流してますけど(笑)。朝は忙しいですし!

 

――朝から愛が溢れて(笑)。それは、新婚当初からずっと続いている言葉なんでしょうか?

渡辺:いえ、ここ5、6年の話です。年齢が上がってきてからかな。今は喧嘩もしないし、そもそもそんなエネルギーないですね(笑)。言い合ったとしても、お互いその場からいなくなっちゃうんです。

z