昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

犬猫の「販売やめませんか」…坂上忍さんが目指す寄付頼みの動物保護改革 保護ハウス“さかがみ家”が描く未来

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

 

長年動物の保護活動を続けてきた、俳優でタレントの坂上忍さん(55)が、4月に犬や猫の「保護ハウス」を開業した。殺処分に怯える動物たちに、新しい家族を見つけたい。坂上さんは寄付等に頼ることなく、私財を投じ、捨てられた動物たちを幸せにするための活動を進めている。

犬や猫への愛情が詰まった「保護ハウス」…私財投じオープン

 
 

坂上忍さんは、フジテレビ系で放送されていた情報番組「バイキング」や「バイキングMORE」のMCを務め、8年にわたり「お昼の顔」として活躍。一方で、23匹の犬・猫を引き取って暮らす“大家族のパパ”としても知られている。

 

そんな芸能界きっての動物好きとして知られる坂上さんは、2022年4月、千葉県袖ケ浦市に動物保護ハウス「さかがみ家」をオープンした。4500坪という広大な土地を私財で購入。飼育放棄などにあった犬や猫を保護し、譲渡に繋げるためのハウスを建てた。
その内部は、動物への愛情がたくさん詰まった温かい「おうち」だ。

 
 

坂上忍さん:
1階がワンちゃんスペース。開業した翌日にうちにきてくれた、モコ、クロ、文太、あいま、小さい子がトキちゃん

開業直後に受け入れた犬5匹・猫10匹は、ハウスの中でのびのびと過ごしている。

 

ケージは温もりある木製で、ここにもこだわりが詰まっている。

坂上忍さん:
鉄のやつ、保護センターとかシェルター見学行ったときに、あの“ガシャンガシャン”という音が苦手で…。その音だけは聞きたくないので、そういうのを覚えている子もいるので…

 

2階は、お日様の光がたっぷり差し込む猫のフロア。逃げる心配がなく、猫が外気を感じながら遊べるキャットランもある。

坂上忍さん:
保護猫みんな、最初のころはご飯食べてくれなかった。でも、警戒心がとけてご飯食べてくれるようになって、触らせてくれるようになって、いつの日かこちらを信じてくれて甘えてくれて…

 

今は穏やかに見えるこの猫たちも、坂上さん達が日々向き合って、少しずつ心を開いてくれたという。ひとくちに「保護犬」「保護猫」といってもその過去は様々。虐待、飼育放棄、悪質なブリーダーによる繁殖…。

z