昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《八王子なめんな男再逮捕》被害者親族が告発する“惨忍すぎる犯行”「拉致って全裸ボコボコ。ビニール傘で足を突き刺した」「《家、女、女の家、お前ん家よーく毎日警戒しときな》と脅迫」

genre : ニュース, 社会

「6月29日の夜、親族のAが突然3人組の男に八王子市内の路上で襲われて現金や財布を奪われました。全身に骨折などの全治6カ月の重傷を負い、入院しました。今は退院していますが、精神的ショックは強く残っています。

 犯人のうち、宗形将也容疑者(27)と渡邊航容疑者(23)の2人はすでに逮捕されていました。その数日後の9月20日、主犯がやっと逮捕されたんです。その男は“八王子なめんな事件”で逮捕されて話題になっていた容疑者でした」

 こう取材に答えるのは被害に遭ったAさんの親族Bさんだ。Bさんの口から語られる事件の一部始終は、あまりにも惨忍なものだった――。

◆ ◆ ◆

八王子なめんな男「強盗傷人事件」で再逮捕

 事の始まりは5月8日、SNSを中心に《#八王子なめんな》というワードで注目を集めていたJR八王子駅近くで起こった車両強奪事件だ。志村尚緯容疑者(しむらしょうい・24)と山岸莉夕容疑者(やまぎしらいゆう・25)が捜査線上にあがっていたが足取りがつかめず、6月30日にようやく強盗容疑で逮捕された。

志村尚緯容疑者(FNNプライムオンラインより)

 志村容疑者がAさんへ暴行し、現金などを奪ったのはこの逮捕の直前。実はこの事件こそ「八王子なめんな」逮捕の端緒だったという。社会部記者が解説する。

「5月8日の『八王子なめんな車両強奪事件』の後すぐに、防犯カメラの映像などから両容疑者が特定されました。しかし志村容疑者の行方が分からず、逮捕に時間がかかっていた。

 そんな中で6月29日に“別件”で通報が入り、警官が現場に駆け付けると志村容疑者の車を発見。付近を捜索して志村容疑者も確保した。そのため、まずは事件化していた“八王子なめんな車両強奪事件”で逮捕したのです」

山岸容疑者

 この“別件”の被害者が、八王子市内で福祉系の仕事に就いているAさん(20代・男性)だった。Bさんが当日の様子を明かす。

「6月29日20時半頃、夜勤だったAは休憩時間に職場から歩いて15分ほどのコンビニへと立ち寄りました。事件に巻き込まれたのはその帰り道です」

 志村容疑者らと面識がなかったが、友人からの頼みでAさんがSNSで連絡を取って志村容疑者らと会うことになったのだという。Aさんがコンビニから西八王子インター近くを歩き職場へと向かう道中、2台の車が路上駐車されていた。

関連記事